イーサリアム,Ethereum

 

TOYAです。

 

暗号通貨と言えば、

 

”ビットコイン”

 

暗号通貨の中で、

断トツの知名度を誇りますし、

時価総額もズバ抜けてます。

 

「ビットコイン以外の暗号通貨は普及しない」

 

と予測している投資家が大半です。

 

そんな中、、、

 

数多くある暗号通貨の中で、

多くの世界トップクラスの企業に、

注目されている暗号通貨があります。

 

それは、、、

 

【イーサリアム(Ethereum)】

 

という暗号通貨です。

 

ここ最近、

ジワジワと価格が上昇していることもあり、

多くの注目を集めています。

 

このイーサリアムは、

ビットコインにはない魅力を持っていて、

その将来性に期待する人も多いです。

 

という事で、今回は、

世界トップクラスの企業が注目する、

 

”イーサリアム”

 

について、できるだけシンプルに、

お話していこうと思います。

 

イーサリアム(Ethereum)とは?

 

イーサリアム(Ethereum)は、

ビットコインの次に注目され、

 

「第2のビットコイン」

 

とも言われている、暗号通貨です。

 

数多くある暗号通貨の中で、

時価総額はビットコインに次いで、

第2位をキープし続けています。

 

暗号通貨,時価総額

 

イーサリアムもビットコイン同様、

 

”ブロックチェーン技術”

 

を利用していますが、

ビットコインとの違いは、

 

”スマートコントラクト”

 

という技術も備えている点ですね。

 

この「スマートコントラクト」については、

上記の動画でも解説していますが、

 

ビットコインの場合、

ブロックチェーン上で、

全ての”取引記録”を管理しています。

 

イーサリアムは、

その”取引記録”に加えて、

 

「契約内容」

 

まで管理することができるんですよ。

 

イメージしやすい例で言えば、

 

「AさんがBさんに10万円を借りて、1年後に返済する」

ビットリージョン 寄付 PH GH

 

という契約内容を、

ブロックチェーンに書き込み、

自動で実行してくれます。

 

そして、その契約内容は、

世界中の誰もが、いつでも、

見ることが出来るようになっています。

 

多くの人の目で監視することで、

偽造や改ざんをすることは、ほぼ不可能。

 

非常に信頼性の高いシステムなわけです。

 

他にも、

 

「商品を受け取ったことを確認したら、自動的に口座に振り込む」

 

という契約内容で商品を販売した場合、

店舗側が代金の受け取りができるのは、

お客さんが商品を受け取り、確認した後。

 

「マンションを3ヶ月後から、2年間借りるという契約」

 

であれば、期日がきたら、

自動的に契約を執行するようにできます。

 

スマートコントラクトで、

契約内容を記録しているので、

契約書や印鑑、住民票なども、

必要なくなる可能性があるわけですよ。

 

この画期的な機能に目をつけたのが、

世界トップクラスの大企業たちです。

 

マイクロソフト、IBM、JPモルガン…名だたる企業が注目

マイクロソフト

 

イーサリアムのスマートコントラクトは、

世界中から注目を浴びています。

 

あの、

 

”マイクロソフト”

 

とも業務提携しているんです。

 

その他にも、

 

IBM、サムスン、JPモルガン、インテル…etc.

 

名だたる世界トップの大企業が、

イーサリアムの活用を共同で研究する、

企業同盟を発足しています。

 

SBIも注目しているみたいですね。

(19分40秒から暗号通貨について話しています。)

 

 

IBMとサムスンの研究が面白いんですよ。

 

洗濯機が洗剤残量を感知して、

自動で実際に発注を行う。

 

注文を受けた洗剤販売会社も、

自動で洗剤を発送し、

自動で購入者に発送通知を行う。

 

もちろん、代金の決済も自動です。

 

これ、凄くないですか?

ドラえもんの世界です。笑

 

今後、自動化がどんどん進み、

生活の中に溢れてくるなんて事も、

もはや夢では無い状態なんですよ。

 

”スマートコントラクト”は、

大きな可能性を秘めた技術なわけです。

 

イーサリアムの現時点の時価総額は、

ビットコインに大きく離されていますが、

 

「ビットコインを超える暗号通貨」

 

とも言われています。

 

ビットコインとイーサリアムで、

暗号通貨の総時価総額の90%を占めていて、

実質、2強状態ですからね。

 

まぁ、90%のほとんどは、

ビットコインですけど。笑

 

イーサリアム長者の誕生

億万長者

 

イーサリアムは、

2015年8月に市場公開され、

そのわずか8ヵ月に、

 

”70倍”まで高騰します。

 

この暴騰で、

ビットコイン長者ならぬ。

イーサリアム長者が誕生します。

 

”ホリエモン”こと堀江さんも、

イーサリアムに投資して、

かなり儲けたみたいですね。

 

 

その後、

ハッキング事件などがあり、

一時的に価格を落としますが、

 

現在は、

公開時の60倍程度の価格まで巻き返し、

時価総額2位に定着しています。

 

イーサリアムは様々な案件に関わっている

 

世界を変えるかもしれない

イーサリアムの仕組みは、

様々な投資案件でも利用されています。

 

僕が別の記事でレビューした、

 

Quanta(クオンタ)

クオンタ 宝くじ

 

という暗号通貨も、

イーサリアムの仕組みを利用して、

作られてます。

 

Quanta(クオンタ)の記事はこちら

→【本音で語る ぶっちゃけレビュー】Quanta 編

 

その他にも、

 

HYIP投資や、マイニングなど、

ビットコインほどではないですが、

密かに盛り上がってます。

 

価格もジワジワと上昇してますしね。

 

今後、イーサリアムの、

スマートコントラクトを利用して、

 

画期的なシステムが開発された時には、

また価格がドーンと上がって、

 

イーサリアム長者が、

生まれるかもしれませんね。

 

もちろん、思ったように普及せず、

逆に価値がなくなるリスクもありますが。

 

ビットコインを超えるだけの、

ポテンシャルは秘めている暗号通貨、

という事は、間違いないですね。

 

そんな今後が期待される、

イーサリアムのプロジェクトに、

大きく関わった人物が、

 

再び開発した暗号通貨が発表され、

大きな話題になっています。

 

その件については、

こちらの記事でお話してます。

 

→【徹底調査】儲かると噂のエイダコイン(相手を理解する編)

 

まず今回は、

今後、世界を変えるかもしれない、

 

「イーサリアム」

「スマートコントラクト」

 

について、

覚えておいてくださいね!

 

それでは、また次回!