マイニング,採掘

 

TOYAです。

 

ビットコイン、

また、ジワジワと価格が上がってきてますね。

 

暗号通貨元年と言われる今年、

 

「ビットコインは20万円まで上がる」

 

なんて予想されている人も多いです。

 

最近は、

”暴騰”しては”暴落”する

なんてパターンが多く、

 

短期間でみると、

安定とは程遠い値動きですが、笑

 

少し長めのスパンでみると、

結局あまり価格変動はないですね。

 

僕もビットコインを保有していますが、

短期売買ではなく、

長期スパンで考えているので、

 

短期的な価格変動は、

あまり気にしてませんけどね。

 

そんな話題のビットコインに、

欠かせないもの。

 

それは、、、

 

「マイニング(採掘)」

 

という作業です。

 

今回は、その”マイニング”について、

お話していこうと思います。

 

ビットコインを採掘? マイニングとは?

 

 

以前、このサイトで、

 

”ブロックチェーン技術”

 

についてお話した時に、

ブロックチェーン技術は、

 

「ビットコインの取引を記録するための技術」

 

として生み出された。

 

っていうお話をしました。

 

忘れてしまった人は、

復習してみてくださいね。

 

→世界が注目!ブロックチェーンの仕組みとは?

 

ビットコインの取引を全て記録して、

1つのブロックにまとめる。

 

その、まとめた1つ1つのブロックを、

チェーン(鎖)のようにつなげて保存したものが、

 

「ブロック+チェーン(鎖)=ブロックチェーン」

 

でしたね。

 

この時、

 

「通貨がどこからどこにやり取りされたか」

 

という情報を、

正確に記録する必要があります。

 

この正確に記録する作業には、

膨大な計算が必要となり、

コンピューターを使って計算しています。

 

 

コンピューターの

計算能力を借りることによって、

膨大な計算を処理して、

 

みんなで共有する1つの通帳に、

追記をしているわけです。

 

ビットコインは、

国や銀行等金融機関に

管理されない通貨なので、

 

世界中のコンピューターで、

膨大な計算をし、記録をすることで、

不正な取引が行われていないかを見張っています。

 

それってボランティア?

 

いいえ、違います。笑

 

この追記作業の手伝いをしてくれた人、

膨大な計算処理をして、

1番最初に、正確に記録した人には、

 

報酬として、ビットコインが貰えます。

 

収益,報酬

 

その希少なコインを手に入れる様子が、

鉱山で金を掘り当てるような感覚と、

似ているという理由で、

 

「マイニング(採掘)」

 

と呼ばれているわけです。

 

マイニングで金儲け?

 

ビットコインの総発行枚数は、

 

2100万BTC

 

と決められています。

 

そして、新しく発行されるビットコインは、

マイニングからしか、得る事はできません。

 

実は、このマイニング、

相当儲かるらしいんですよ…。

 

 

マイニングは、

10分間に1回、行われていて、

1番最初に正確に記録した人には、

 

50BTCもの報酬を貰えます。

 

50BTCですよ?笑

 

50BTCの価値を、12万円で計算すると、

 

600万円です。

 

もちろん競争なので、

全ての取引の報酬を得る事は難しいですが、

 

1つでもマイニングに成功すれば、

600万円の報酬が手に入るわけです。

 

このオイシイ報酬を目当てに、

膨大な量のコンピューターを用意して、

 

マイニングを、

ビジネスとして行っている人達が、

世界中にたくさんいるんです。

 

 

マイニングの報酬は、

配給バランスを取るために、

4年ごとに半減していき、

 

2140年頃に、

ビットコインの発行枚数上限の、

2100万BTCに達するように、

計算されていますが、

 

報酬が半減したとしても、

リスクを背負って不正をするより、

 

ビットコインユーザーの取引を、

正確に記録するマイニングをしたほうが、

リスクもないし、稼げるんですよ。

 

この”マイナー”と呼ばれる、

マイニングをビジネスとして

行っている人達のおかげで、

 

ビットコインは、

国や銀行等金融機関に管理されなくても、

個人間で正確な取引ができて、

信頼性が担保されているわけです。

 

マイニングって誰でも出来るの?

 

マイニングするのに許可などは必要なく、

インターネットに接続できるパソコンがあれば、

誰でもいつでも参加することはできます。

 

ですが、、、

 

個人レベルのパソコンで、

参入を考えているのであれば、

やめておいたほうがいいです。笑

 

 

マイニングをビジネスとして考え、

ハイスペックなマイニング専用マシンを、

数百台規模で導入して、

組織的に行っている人達がいるので、

 

とてもじゃないですが、

個人では、太刀打ちできません。笑

 

高額な電気代もかかりますしね。

 

マイニングは個人では無理なのか…

 

確かに個人レベルのパソコンでは、

まったくお話になりません。

 

ただ、、、

 

個人でマイニングができないかというと、

そうでもないんですよ。

 

マイニングに参加する方法が、

ないわけでもありません。

 

その方法については、

こちらの記事で詳しくお話していきますね。

 

→【実践報告】BitClub(ビットクラブ)を徹底検証してみた

 

まずは、今回のマイニングについて、

しっかり理解しておいてくださいね。

 

それではまた次回!