パラレルワーク

 

TOYAです。

 

あなたは会社の給料に満足してますか?

 

今の仕事や給料に、

「満足している」という人は、

 

今回の記事は、

読まなくて大丈夫です^^

 

仕事が楽しくて満足してるって、

最高の環境だと思うので、

 

その仕事を、

もっと楽しんだ方が絶対いいです。

 

でも、そういう人って、

かなり少数派だと思うんですよ。

 

大半の人は、

会社の給料に不満を持ってます。

 

僕も、

会社員として働いてますが、

 

正直、

「もっと貰ってもいいんじゃ…。」

なんて思ってますからね。笑

 

でも、

給料を決めるのは会社側。

 

目に見える結果を残すことで、

給料をあげる「要素」を、

作り出すことはできますが、

 

あなたの給料を、

上げるかどうかを決めるのは、

結局、会社側の判断です。

 

長く勤めていれば、

必ず給料が上がるという

保証もないし、

 

大企業でも倒産する時代で、

ずっと会社にいれる保証もない。

 

そんな悩みを抱えている人に、

 

「パラレルワーク」

 

パラレルワーカー

 

という働き方が、

注目を集めてます。

 

今回は、

「パラレルワーク」について、

お話していこうと思います。

 

1つの選択肢として、

知っておいて損はない

働き方ですよ。

 

パラレルワークとは?

 

パラレルワークとは、

「複数の仕事を、並行して行う」

という働き方です。

 

「parallel=並行」からきてます。

 

ちなみに、

このパラレルワークをする人は、

 

「パラレルワーカー」

 

と呼ばれています。

 

僕も、会社員として以外に、

複数の仕事を持っているので、

 

一応、

「パラレルワーカー」です^^

 

パラレルワークと副業ってどう違うの?

 

僕は正直、

似たようなものだと思ってますが、

一応、説明しておきますね。笑

 

「副業」と「複業」という事です。

 

副業はあくまで”副”。

 

”主”となるメインの仕事があるけど、

収入の増加を目的として、

別に副(サブ)の仕事もしている。

 

複業(パラレルワーク)は、

メイン、サブの括りがなく、

全てがメイン仕事という事。

 

パラレルワークは、

収入を増やすことがメインではなく、

 

スキルアップや視野の拡大、

将来に向けた自己投資として、

 

時間を有効活用する事を、

第一の目的としているとの事です。

 

パラレルワークが注目されるワケ

 

会社員として働きながら、

本当にやりたかったことに挑戦できる。

 

定年退職後の土台作り。

(年金もアテにならないですから…)

 

などなど、

人それぞれ目的は違いますが、

 

僕が思う、

パラレルワークの

一番のメリットは、

 

複数の収入源を作り、

収入を安定させる事ができる

 

 

ってところだと思います。

 

だって、

会社の給料が上がる保証もなく、

 

誰もが知るような大企業でさえも、

倒産、リストラする時代ですよ?

 

「収入源が1つ」って怖くないですか?

 

収入源が1つだと、

それが無くなってしまったら、

 

その時点で、

収入が途絶えます。

 

ある日突然、

収入が無くなった事を考えると、

恐ろしくないですか?

 

だからこそ、

パラレルワークをする事で、

収入源を増やしておく事が、

 

「リスクヘッジ」になるんですよ。

 

国も副業や兼業を後押ししてる

 

「正社員の副業 後押し

政府指針、容認に転換 働き方改革」

 

政府は「働き方改革」として

正社員の副業や兼業を後押しする。

 

企業が就業規則を定める際に参考にする

厚生労働省の「モデル就業規則」から

 

副業・兼業禁止規定

(総合・経済面きょうのことば)を年度内にもなくし

「原則禁止」から「原則容認」に転換する。

 

複数の企業に勤める場合の

社会保険料や残業代などの指針もつくる。

 

働く人の収入を増やし、新たな技能の習得も促す。

 

安倍晋三首相は副業や兼業について

「普及は極めて重要だ」との認識を示している。

 

少子高齢化による労働力不足を補い、

職業能力の向上で成長産業への雇用の流動化も促すためだ。

 

政府の働き方改革実現会議は

年度末にまとめる実行計画に普及の方針を盛り込む。

 

出典:日本経済新聞2016年12月26日

 

日経新聞にも、

国が副業・兼業の解禁を、

 

「極めて重要」

 

として、

推進してると記載されています。

 

この背景には、

 

「終身雇用の崩壊」

「年金財源の不足」

 

などなど、

 

今までのように、

1つの会社の収入源に依存して、

 

老後の保障まで受けることが、

難しくなってきた事があるんです。

 

 

政府が推進する、

「働き方改革」のテーマとしても、

掲げられるようになっていて、

 

今後、

この方向性で動いていく事は、

ほぼ間違いないわけですよ。

 

これって、日本だけじゃなくて、

世界的にも見られている傾向で、

 

すでにアメリカでは、

社会人全体の3割以上の人が、

 

「フリーランス」

(組織に所属せずに働く個人事業主)

 

 

として、

自分のスキルを生かして、

生計を立てています。

 

フリーランスとして働く人は、

3年連続で増加していて、

 

2020年には、50%を超える

 

という予測もあります。

 

彼らは、

「リーマンショック」

を経験しているので、

 

1つの収入源に依存せず、

収入源は分散した方が賢い。

 

上司より稼ぐ平社員

 

という事を、

よーく理解してるんですよ。

 

インターネットの普及によって、

時間と場所を選ばずに仕事ができ、

 

個人で、様々なビジネスが、

展開できるようになりましたし、

 

会社員とは別に、

「もう1つのキャリア」

を築く流れっていうのは、

 

今後も、

加速していくと思います。

 

会社に依存しない人生を作る

 

僕のプロフィール記事でも、

少し、お話はしていますが、

 

【ソム・トーヤの冒険】初めましてのご挨拶

 

僕は、

「明日、会社をクビになってもいい」

 

と思っている、

生意気な平社員です。笑

(仕事はサボってませんよ。笑)

 

何故かというと、

「パラレルワーク」によって、

 

会社からの給料の他にも、

収入源があるからです。

 

投資 口コミ 掲示板

 

だからこそ、

 

出世を気にして、

上司にゴマスリする必要もなく、

 

理不尽な事を言われれば、

真っ向から反論できるわけです。

 

残業も基本しませんしね。

 

それでも僕は、

上司よりも収入が多いです。

 

これがもし、

 

会社からの給料という、

1つの収入源しかなかったら、

 

クビを恐れて、

理不尽な事があっても、

何も言わずに我慢したり、

 

出世のために、

上司のご機嫌を伺って、

ゴマスリしたり、

 

会社や上司の

言われるがままに、

毎日遅くまで働く人生。

 

だったと思います。

 

そうなれば、

”上司より稼ぐ”なんて事もなく、

フツ〜の平社員の収入のまま。

 

「あ〜、給料上がらね〜」

「今回のボーナス少ないわ〜」

 

ネットビジネス 挫折

 

って愚痴りながら、

渋々、毎日働いてたと思います。

 

でも、

パラレルワークを始めて、

収入源を増やした事で、

 

明日クビになったとしても、

収入が0になる事はないですし、

 

会社の給料が上がらなくても、

出世ができなくても、

 

もう1つの収入源で、

収入を増やせばいいだけです。

 

今となっては、

会社からの給料なんて、

別に気にならないですね。笑

 

会社や上司など、

他人によって、

自分の人生を決められない。

 

嫌なら辞めればいい。

 

この環境を手に入れるだけで、

ストレスって、相当減りますよ。

 

僕も、

パラレルワークを確立させてから、

毎日、気楽に仕事できてますし。笑

 

※もう一回言っておきますが、

 仕事はちゃんとしてますよ。笑

 

パラレルワーカーが注意するべき事

 

ここまでの話だと、

パラレルワークは、

良い事ばかりのようですが、

 

もちろん、

デメリットもあります。

 

それは、

「時間がなくなる事です」

 

会社員としての、

通常の仕事とは別に、

 

週末や、

仕事が終わった後の時間を利用して、

別のキャリアを築くわけなので、

 

忙しくなるのは、

当たり前ですよね。

 

なので、

 

「時間を管理する意識」

 

時間管理

 

これを持つことが、

ひじょ〜に、大切になります。

 

ペース配分や、

スケジューリングが上手くいかないと、

継続する事が難しくなります。

 

継続できなければ、

収入源を増やす事もできない。

 

なので、

パラレルワークをするなら、

 

「継続しやすいこと」

 

これを第一に考えて、

仕事を選ぶ事をオススメします。

 

自分の好きな事だったり、

今の自分の環境で、

無理なく続けられる事。

 

それこそ、

インターネットを使った仕事なら、

 

PCとネット環境さえあれば、

いつでもどこでも仕事ができますし、

 

好きな事は仕事にしない方がいい。

好きな事で生きていくなんて甘い。

 

という事を、

言う人も多いですが、

 

好きな事を仕事にしている人

 

って、

実は結構いたりします。

 

今回は、

長くなってしまったので、

 

これについては、

また別の記事で、

お話していこうと思います。

 

今回は、

パラレルワークについて、

お話してきました。

 

投資の名言に、

「卵は1つのカゴに盛るな」

という言葉があります。

 

何かあった時に、

全て割れてしまうからです。

 

変化の激しい今の時代に、

1つのものに依存して生きていくのは、

かなりリスキーだと僕は思ってます。

 

「会社員=安定」

 

という時代は終わって、

 

「複数の収入源を持つ事が当たり前」

 

になる時代は、

そう遠くないのかもしれませんね。

 

それでは、また次回!

 

P.S.

 

僕は、会社員をしながら、

パラレルワークとして、

アフィリエイトを始めました。

 

僕が今まで学んだ事や、

実際に経験してきた事は、

 

このブログの中で、

たくさんお話してます。

 

アフィリエイト研究室

 

LINE@の方では、

ブログでは公開していない、

「登録者限定の情報」

も公開しているので、

 

興味があれば、

登録してみてくださいね^^

 

友だち追加