危険

 

TOYAです。

 

衝撃の情報を入手しました。

 

このサイトでも、

何度も取り上げてきた、

超ド級の話題の暗号通貨、

 

「NOAHCOIN(ノアコイン)」

 

突っ込みどころ満載で、

3部作となってしまいました。笑

 

興味のある人はこちらからどうぞ。

 

→【本音で語る ぶっちゃけレビュー】ノアコイン編

 

そのノアコインなんですが、

 

なんと、、、

 

「フィリピン大使館から公式に」

 

ノアコインについて、

注意喚起が発表されました。

 

「な〜に〜?やっちまったな!!」

 

 

ってな感じで、

大変なことになってます。笑

 

今回は、この件について、

シェアしていこうと思います。

 

ノアコインの購入を考えていた人、

気になっていた人は、

必ずチェックしてくださいね。

 

フィリピン大使館からの通知

 

これは、日本の市場で「事前販売」されていると言われている仮想通貨「ノア・コイン」についてインターネット上で広まっている情報に関するものです。

日本市民の皆様から受けた問い合わせに応え、当大使館はフィリピン中央銀行(Bangko Sentral ng Pilipinas)と証券取引委員会(Securities and Exchange Commission)に確認を行ないました。

フィリピン中央銀行によりますと、中央銀行は、ノア・ファウンデーション及びノア・グローバルイノヴェーションサービス(ノア・グローバル)に対して、ノア・コインの事前販売に携わる権限を与えておらず、また、ノア・コインを国家プロジェクトとして承認しておりません。中央銀行により行なわれた初動調査では、ノア・コインの事前販売活動は、会社定款に記載されたノア・グローバルの主要・副次目的からかけ離れたものです。

フィリピン中央銀行と証券取引委員会の調査では、ノア・グローバルに国債や証券、その他類似証券を販売取引するライセンスや権限はありません。

加えて、ノア・グローバルは、証券取引委員会に登録されている住所に実在していません。ノア・グローバルの事務所住所(タギッグ市フォートボニファシオのネット・リマ・ビルディング、正確には10/F, Net Lima Bldg., 5th Avenue corner 26th Street, Brgy. Fort Bonifacio, Taguig City)への現地視察と調査を行なったところ、当該企業はネット・リマ・ビルディングのテナントではありませんでした。

これらの観点から、市民の皆様はデジタル金融取引への従事には慎重になり、フィリピン中央銀行や取引証券委員会などフィリピンの関連政府機関のウェブサイトを確認するようお願いいたします。

Philippine Embassy

 

フィリピン大使館の公式サイトから、

引用させていただきました。

 

ノアコインを購入した人は、

この通知を見て、相当驚いたでしょうね…。

 

 

何故なら、

ノアコインを購入した大半の人は、

 

「国家プロジェクト」

 

だと思ってたわけですよ。

 

「国が絡んでいるならカタい」

 

なんて思って、

投資を決めた人も多いと思います。

 

それが、

フィリピン大使館からの、

 

・ ノアコインの事前販売に携わる権限を与えてない

・ノアコインを国家プロジェクトとして承認してない。

 

という通知によって、

 

「完全否定」

 

 

されてしまったわけです。

 

僕の周りで、

ノアコインを購入している人たちは、

大騒ぎですよ。

 

調べても調べても、

全く裏付けが取れなかったですし、

 

「やっぱりね」

 

 

って感じではありますけど…。

 

フィリピン人、

本当に全然知りませんしね。笑

 

これに関して、

ノアプロジェクト側から、

回答がありました。

 


 

NOAH PROJECTは、

 

”国家プロジェクト”

”政府が行っているプロジェクト”

 

ではありません。

 

あくまでも有志が集って発足した、

 

”民間のプロジェクト”

 

になります。

 

公式には、

”国家プロジェクト”であるという発表は、

一切していないにもかかわらず、

 

NOAH PROJECTが、

”国家プロジェクト”である

という噂が広まっているようです。

 

”国家プロジェクト”ではないにもかかわらず、

”国家プロジェクト”だとして

資金調達をしているとされており、

少なからず風評被害を受けております。

 

皆様、NOAH PROJECTは、

有志が集って発足された

”民間のプロジェクト”になります。

 

こちら誤解のないよう

ご理解いただけると幸いです。

 


 

・・・だそうです。

 

確かに、

”国家プロジェクト”とは言ってませんが、

某有名講師のメルマガでは、

 

ノアコイン政府と共同

ノアコイン,国,政府,大企業

 

「政府と共同」

「政府が関わっている」

 

なんて国が絡んでいる事を

ゴリゴリにアピールしてますし、

 

さらには下記の動画の、

「47:50」あたりから、

 

「国ぐるみ」

「政財官民が一致団結したプロジェクト」

「フィリピンの国がやってる」

「要はそういうことですね」

 

って思いっきり発言してますけどね。笑

 

 

このプロモーションは間違いなく、

NOAH PROJECTさんも知ってるでしょうし、

 

「政府と共同」

「国ぐるみ」

「政財官民が一致団結したプロジェクト」

 

なんて言われたら、

 

「国家プロジェクト」

 

と思ってしまうのは、

おかしなことではないと思います。

 

プロモーションに熱が入って、

必要以上に大きな事を言ってしまう、

なんて事もあるとは思います。

 

でも、違うなら違うで、

何でもっと早い段階で、

 

「国家プロジェクトではない」

 

 

って通知を出さなかったんですかね?

 

もし誇大広告だったとしたら、

この動画を知った早い段階で、

訂正するべきだったと思います。

 

メルマガや、サイトや、動画を見て、

本当に国家プロジェクトだと信じて、

 

大切なお金を投資して、

ノアコインを購入する人だって、

たくさんいるわけじゃないですか。

 

ノアコインには、

影響力のある媒体を持った人たちが、

たくさんいるわけですから、

 

訂正通知なんて、

その気になれば、

一気に拡散できたはずです。

 

それをせず、

フィリピン大使館からの通知があって、

 

購入者から問い合わせが入った段階で、

ようやく訂正通知を流しても、

 

正直、マイナスイメージは、

払拭しきれないですよね。

 

購入者に不信感を抱かれても、

仕方ないんじゃないでしょうか。

 

怪しい,危険

ノアコインは今後どうなっていくのか?

 

”国家プロジェクト”以外の部分は、

本当に開発が進んでいたとしても、

 

今回の件は、

大ダメージになると思います。

 

プレセール期間はまだ長いですし、

ノアコインの可能性を、

信じる信じないは個人の自由です。

 

今後、

情報が2転3転する事も、

あるかもしれません。

 

でも、とりあえず今は、

購入するべきタイミングではないですね。

 

しばらくは情報収集に徹して、

様子見でいきましょう。

 

※追記

 

フィリピン大使館からの通知に対して、

某有名講師からの回答によると、

 

ノアプロジェクトには、

フィリピン航空や、財閥、

政治家もたくさん絡んでいる、

 

「”国家規模”のプロジェクト」

 

である事は、間違いないとの事。

 

ただ、フィリピン政府が、

 

”オフィシャルにやってるプロジェクトではない”

 

というだけだそうです。

 

第2期からは、

財閥や大企業のトップが、

セミナーや動画に登場するようですよ。

 

相当なダメージを受けたはずが、

やっぱり超ド級の話題の暗号通貨。

 

そう簡単には潰れませんね。笑

 

今後も最新情報を入手次第、

シェアしていくので、

チェックしてみてくださいね。

 

【本音で語る ぶっちゃけレビュー】ノアコイン編

 

それでは、また次回!