Bitcoin core,Bitcoin Unlimited

 

TOTAです。

 

ウィンクルボス兄弟の、

ビットコインETF上場計画が否認され、

 

今後は、

「ハードフォーク問題」

に話題が移りそうです。

 

「ビットコインETFって何?」

 

って人は、

こちらの記事で解説しているので、

チェックしてみてくださいね。

 

→【落ち込むのはまだ早い?】ビットコインETF、否認されたが…

 

「ビットコインETF」

「ハードフォーク問題」

 

両方、最近のビットコインの暴落に、

間違いなく影響していることなので、

しっかり理解しておきましょう。

 

ハードフォーク問題に関しては、

とっっっても難しい専門用語が並ぶので、笑

 

できるだけわかりやすく、

シンプルに解説していきますね。

 

ビットコインの将来性に関わる話なので、

絶対に知っておいたほうがいいですよ。

 

先延ばしにされ続けてきた、ビットコインの問題点

デメリット,問題点

 

そもそも、事の発端として、

ビットコインが普及し始めた事によって、

 

「ビットコインの能力に限界がきている」

 

という事があります。

 

どういう事かというと、

 

ビットコインが、

「ブロックチェーン」というシステムで、

動いていることは知ってますよね?

 

もし、「???」な人はこちら。

 

→世界が注目!ブロックチェーンの仕組みとは?(Blockchain)

 

ビットコインのブロックには、

1MBというサイズ制限があって、

 

もうだいぶ前から、

この1MBの上限に達していて、

 

そのせいで、最近、

 

取引が正常に行われない

以前より手数料が高い

 

なんてトラブルが続出しているわけです。

 

 

これが、

 

「スケーラビリティ問題」

 

ってやつですね。

 

この問題が起こることは、

ずっと前から分かっていたことで、

 

実はもう解決策もあるんです。

 

ただ、その解決方法に関して、

2つのグループが対立していて、

数年間、協議し続けているんですよ。

 

ミーティング,会議

 

ビットコインは限界を迎えていて、

一刻も早く解決しなければならない状態で、

すでにその解決策もあるのに、

 

2つのグループの、

どちらの方法で解決するか

 

が決まらないために、

その対策を打てない状態なわけです。

 

ユーザーからすれば、いい迷惑ですよね。笑

 

で、

その「スケーラビリティ論争」の果てに、

 

「ビットコインが分裂する」

 

可能性が高まってるよって話なんです。

 

対立する2つのビットコイン

分裂

 

 

スケーラビリティ問題を、

一刻も早く解決することが、

 

ビットコインにとって、

大きなメリットになるはずなのに、

 

何故、解決方法でモメるのか?

 

それは、

色々な大人の事情があるようです。笑

 

まずは、

スケーラビリティ問題の、

2つの解決法について、

理解していきましょうか。

 

【Bitcoin Unlimited(ビットコインマイナー推進)】

ビットコイン,bitcoin

 

ハードフォークにより、

(互換性がないアップデート)

 

ビットコインのブロックサイズを拡大し、

ブロックサイズの上限、1MBを撤廃する。

 

正常に機能すれば、

ビットコインのネットワークの混雑は解消される。

 

ただ、現在までに、

いくつか大きなバグが見つかっていたり、

基本設計の甘さへの懸念などから、

 

ビットコイン開発者からの評判は、

良いものではない。

 

もし、分裂した場合、

新しい暗号通貨、

 

「BTU(またはXBU)」

 

として扱われる予定。

 

【Bitcoin Core(ビットコイン開発者コミュニティ)】

bitcoin,ビットコイン

 

新仕様の「Segwit」を実装する。

 

ブロックのサイズを変えず、

ブロックに書き込まれる、

データのサイズを小さくすることで、

 

より多くの取引データが、

ブロックに入るようにするという案。

 

Segwitを実装すると、

取引データのサイズを、

約60%抑えることができるという。

 

その結果、送金手数料も安くなる。

 

さらに、

SegWitを実装することによって、

 

電子マネーのように、

スマホをNFC搭載端末にタッチして、

ビットコインで即時決済。

 

なんて使い方も、可能になります。

 

 

この、

 

「マイクロペイメントチャネル」

「HTLCs」

 

という技術は、

SegWitを実装することによって、

使用することが可能になり、

 

「即時性」

「安全性」

「手数料の安さ」

「高頻度な取引」

 

全てを実現できる技術と言われ、

ビットコインの使い方を、

大きく変えると期待されています。

 

この凄い技術、

日本の企業が開発したんですよ。

 

いや〜、日本人素晴らしい!笑

 

今後のビットコインの普及に、

大きなプラスになりそうですよね。

 

実は、このSegWit、、、

 

すでに実装は完成してます。

 

「えっ?じゃあ、もう解決じゃん」

 

 

それが、大人の事情というのは、

そう簡単にはいかないんですよ。笑

 

実装はされているものの、

”アクティベート”はされていないんです。

 

何故かというと、

SegWitをアクティベートするためには、

 

ビットコインマイナーの、

「95%の支持」が必要なんですが、

 

現時点で、

マイナーからの支持は、

 

たった「27%」です。

 

「えっ、なんで!?」

 

自宅で出来る仕事 副業 口コミ まとめ

 

って思いますよね?笑

 

その背景には、

ビットコインマイナーたちからの、

開発者コミュニティへの、

”反発”があるようです。

 

ビットコインのためなのに、何故反対するのか?

 

何故反発するのかというと、

色々事情はあるようですが、

 

その大きな要因の1つとしては、

 

「マイニングの手数料が減る」

 

という事があります。

 

SegWitが採用されれば、

データが圧縮され、

1つのブロックに入るデータが多くなる。

 

だからこそ、

「送金手数料が安くなる」

という事が想定されています。

 

でも、そうなると、

ブロックの数は、今までより減ります。

 

となると、

取引自体はスムーズになりますが、、、

 

「マイナーに入る手数料が減る」

 

という事態になるわけです。

 

ブロックサイズは今まで通りなのに、

処理するデータは増え、

多くのコンピュータリソースを

消費する事にもなります。

 

ビットコインのマイニングに、

人生をかけている側からすると、

美味しくないわけです。

 

だからこそ、

SegWitをそう簡単に受け入れる事はできず、

 

「ブロックサイズを大きくすればいいじゃないか!」

 

HYIP稼げる

 

という主張をしてきているわけですね。

 

ブロックサイズを大きくすれば、

それだけ手数料も増えますから。

 

Bitcoin Unlimitedのアクティベートには、

マイナーの60〜70%の支持が必要なんですが、

 

現時点で、

「中間地点に近い」との情報もあります。

 

「Bitcoin Core」と「Bitcoin Unlimited」

 

どちらの方が、

マイナーから支持を得やすいかといえば、

完全に後者でしょうね。

 

誰もが自分の利益は守りたいですから。

 

要するに、

”力技”で、Bitcoin Unlimitedを、

認めさせようとしているわけです。

 

世界中の取引所が、共同声明を発表

 

そんな状況を危惧した、

18社のビットコイン取引所が、

共同声明を発表しました。

 

この中に、日本からは、

 

「bitbank」

「coincheck」

「Zaif」

 

が名前を連ねています。

 

ビットコインの分裂が起こった場合、

「Bitcoin Core」を、

ビットコイン(BTC、またはXBT)

として、認めると宣言したんです。

 

運営面と実用面の両方からの判断で、

互換性のある「Bitcoin Core」を、

「ビットコイン」として、

今後、継続的に扱うとの決断です。

 

声明を発表した18の取引所では、

 

「Bitcoin Core(BTC)」

「Bitcoin Unlimited(BTU)」

 

この2つのブロックチェーンを、

問題なく、独立して、

運用できるようにならない限り、

 

顧客のための、

BTUネットワーク運用準備は不可能。

 

よって、

BTUを取り扱うことはできない。

 

との声明も発表しています。

 

取引所が扱わない暗号通貨には、

もちろん値が付きません。

 

Bitcoin Unlimited側からすれば、

あまり好ましくない声明でしょうね。

 

 

何故、取引所が、

先手を打って声明を発表したのか。

 

それは、以前にも、

同じような事例があって、

大混乱になったからです。

 

2016年7月に、

イーサリアムでも分裂が起きました。

 

この分裂によって、

新たな暗号通貨である、

 

「Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)」

 

イーサリアムクラシック,ETC

 

が誕生しました。

 

その過程で、

先行き不透明な状態が危惧され、

価格を落とした事はもちろん、

 

リプレイアタックと呼ばれる攻撃で、

イーサリアムクラシックが不正に引出される、

という問題も発生しました。

 

取引所としては、

絶対に、同じ状況は避けたいわけです。

 

だからこそ、

ここで釘を打っておこうと、

声明を出したわけですね。

 

「あなたたち、よく考えなさいよ」

 

 

ってことですね。笑

 

どちらに転ぶにしても、

この問題が解決すれば、

ビットコインは大きく変わります。

 

ビットコインから手を引いて、

他の暗号通貨に移る人が、

増えるかもしれませんし、

 

これをきっかけに、

 

”ビットコイン大暴落”

 

HYIP破綻

 

なんて事になれば、

マウントゴックス事件の時のように、

暗号通貨全体のイメージに、

大ダメージが与えられるかもしれません。

 

まだ分裂が決定したわけではないですし、

今後の展開はわかりませんが、

 

暗号通貨に投資している、

または興味がある人であれば、

動向に注目していた方がいいですね。

 

このニュースが出てから、

暴落を恐れて、

イーサリアムなどの他の暗号通貨に、

資産を移動している人も多いようです。

 

最近のイーサリアム高騰の、

要因の1つにもなっていると思います。

 

もともと可能性を秘めた通貨ですし。

 

一部では、

「ビットコインと立場が逆転する」

とも言われていますから。

 

今の段階で、個人的には、

Segwitを搭載した、

「Bitcoin Core」に期待してますけどね。

 

僕はビットコインに関しては、

”長期スパン”で考えているので、

今のところ、売る予定はないですが、

 

すでに利益が出ているのであれば、

一旦手放して、利確しておいて、

価格が下がったところを狙って、

再び”買い”もアリだと思います。

 

今後も新しい情報が入り次第、

こちらでシェアしていくので、

情報収集していってくださいね。

 

→「暗号通貨講座」

 

なるべく分かり易いように、

しっかり噛み砕いておきます。笑

 

それでは、また次回!