暗号通貨,仮想通貨,怪しい

 

TOYAです。

 

ただ持っているだけで、

 

”億万長者になれるコイン”

 

があったら欲しいですか?

 

そりゃ、みんな欲しいですよね。笑

 

「そんなうまい話あるわけない」

 

 

それが普通の感覚だと思います。

 

でも、実際ビットコインは、

”ただ持っていただけで”

億万長者になったわけです。

 

→【1BTC100万円!?】ビットコインの可能性

 

この事実を例に出して、

 

「今後、値上がりします!」

「仮想通貨は今が熱い!」

「今買わないと、買えなくなりますよ!」

 

なんて煽り方が、

セミナーやブログなんかで、よく使われます。

 

ビットコインの実績があるからこそ、

 

「もしかしたら・・・」

 

 

なんて淡い期待を抱いてしまうんですよね。

 

そんな淡い期待をしてしまいたくなる、

 

「数年所有しているだけで、”億万長者”」

 

億万長者

 

という暗号通貨が現れました。

 

暗号通貨に興味のある人であれば、

聞いた事はあるかもしれませんね。

 

ネットで、

「暗号通貨」「仮想通貨」

なんて調べてみれば、

 

すぐに、このコインの名前が、

検索上位に現れるはずです。

 

「ADAコイン(エイダコイン)」

 

今回は、超話題の暗号通貨、

”ADAコイン”について、

お話していこうと思います。

 

ADAコイン(エイダコイン)って何?

 

上記の動画を見てもらえると

わかりやすいかと思いますが、

簡単に説明しておきますね。

 

ADAコインは、

”2017年公開予定の”

新しい暗号通貨で、

 

「CARDANO FOUNDATION」

(カルダノ財団)

 

という企業が構築する、

 

「カルダノ(CARDANO)」

 

という、

ゲームプラットフォーム上で、

使用される予定の暗号通貨です。

 

”ブロックチェーン”

”スマートコントラクト”

 

などの最新の技術を使って、

 

”不正や改ざんができない”

 

オンラインゲーム環境や、

オンラインカジノ環境を作り出すとの事。

 

カジノ,ギャンブル

 

ブロックチェーンと、

スマートコントラクトについては、

別の記事で解説しているので、

興味があればどうぞ。

 

※ブロックチェーン技術については

→世界が注目!ブロックチェーンの仕組みとは?(Blockchain)

 

※スマートコントラクトについては

→【シンプルに語ってみた】イーサリアム(Ethereum)に世界的大企業が注目するワケ

 

オンラインゲームや、

オンラインカジノって、

 

コンピュータ内で不正が行われていても、

ユーザーがそれを判断できないことが、

結構、問題になっているみたいですね。

 

scam,詐欺

 

例えば、不正にプログラミングされ、

勝てない仕組みになっているとか。

 

そんな状況の中で、

不正ができない環境ができれば、

 

ユーザーも安心して、

カジノを楽しめるということで、

 

フェアで不正のない、

ゲームプラットフォームを提供する

 

「ADAコイン」

「カルダノ」

 

が注目されているわけです。

 

HYIP 紹介者 儲かる

 

「カルダノ」のプラットフォームでは、

 

”SDK”

 

と呼ばれる、

”ゲーム開発ツール”

を提供することで、

 

誰でも簡単に、

ゲームを開発することが、

できるようにするとの事。

 

”SDK”を使用する事によって、

誰もが簡単にゲームオーナーになれ、

多種多様なゲームを、

ユーザーに提供できる。

 

ってわけですね。

 

他にADAコインには、

身分証の代わりになるなどの、

利点もあるようですが、

この辺はあまり強調はされてませんね。

 

ADAコインに関わるビックネーム

 

ADAコインを使用する、

プラットフォームとなる予定の、

 

「カルダノ」

 

に関わる人物が、

かなりのビックネームなんです。

 

【チャールズ・ホスキンソン】

 

カルダノ財団の教育主任兼CEO。

 

コロラド大学で、

数論と数学理論を学んで

暗号分野を極めた天才学者。

 

BitShares(ビットシェアーズ)

の創設者であり、

イーサリアムの元CEO。

 

数々のプロジェクトを成功させた、

暗号通貨の第一人者で、

 

そのチャールズ・ホスキンソンが、

数学者人生の集大成として、

開発に取り組んでいるのが、

「カルダノ」と言われています。

 

マイケル・パーソン】

 

カルダノ財団の会長兼、

業務執行取締役であり、

イギリスの公認会計士。

 

モスクワのKPMG、

ロンドンのPwCで、

銀行管理顧問の経験があり、

 

ドバイ最大の銀行、

エミレーツ銀行の創設者の1人。

 

ロシアに初めて、

バンキングシステムを持ち込んだ

人物でもあります。

 

何だか凄い実績を持った人たちが、

関わっているプロジェクトですよね。

 

上記のような、

”大物”が関わっているからこそ、

 

詐欺的な案件ではない」

 

と主張している人もいますね。

 

何故、ADAコインが注目されるのか?

Q&A

 

それはもちろん、

”価値の上昇”ですよね。

 

でも、

ADAコインの価値を上げ、

世界に普及させるには、

”需要”がなければなりません。

 

そこで目をつけたのが、

 

「オンラインゲーム・カジノ市場」

 

というわけなんです。

 

何故オンラインゲーム・カジノ市場を選んだのか?

事業プラン

 

世界の市場規模を見ると、

 

日本のギャンブル市場(約24.7兆円

世界のカジノ市場(約22.7兆円

 

オンラインゲーム市場(約2.4兆円

アプリ課金市場(約0.3兆円

オンラインカジノ(約4兆円

 

というデータがあります。

 

日本のギャンブル市場…、

凄くないですか?笑

 

世界のカジノ市場を上回るって…。笑

 

まぁ、それは置いておいて。笑

 

実店舗のカジノや、

ギャンブル市場に対して、

 

オンラインゲームやカジノは、

まだまだ成長過程の市場なわけです。

 

これには、

 

「不正」

「換金はできるのか」

 

など、信用の面での問題が、

大きいのではないかとされています。

 

 

なので、そこを解決すれば、

ユーザーが一気に流れ込むだろうと。

 

じゃあ、その問題点を、

ブロックチェーンと、

スマートコントラクトで、

解決しちゃおう。

 

そうすれば、

”不正のできないプラットフォーム”

で使われる、ADAコインの需要が増す。

 

でもADAコインには、

ビットコインと同じように、

発行枚数上限がある。(630億枚)

 

その結果、

ADAコインの価格が高騰する。

 

D9,クラブ,投資

 

という狙いですね。

 

「オンラインカジノで、

 日本人が1億円を当てた」

 

なんて事も話題になりましたし、

オンラインゲームのユーザー数は、

 

世界中に10億人以上

 

という情報もあるので、

このユーザーを取り込む事が出来れば、

確かに価格は上昇するでしょうね。

 

ADAコインのプレセールは終了

中止

 

ADAコインの概要について、

お話してきましたが、

 

実は、

ADAコインのプレセールは、

すでに終了しています。

 

最初は、

 

「なんか面白そうな暗号通貨がでてきたぞ」

 

なんて興味を持って、

セミナーにも行ってみましたが、

結局、僕は購入しませんでした。

 

でも、ADAコインの市場公開後に、

あるルートから、

少し貰える事になりましたけど。笑

 

全く期待はしてないです。笑

 

僕が購入しなかった理由を、

次回、語っていこうと思うので、

 

気になる人は、

チェックしてみてくださいね。

 

【徹底調査】儲かると噂のエイダコイン(マイニング編)

 

それでは、また次回!

 

P.S.

 

僕の収入の柱である、

アフィリエイトや投資に関して、

 

僕の経験談や、

僕の人脈から得た情報を、

 

このブログを通して、

たくさんシェアしているので、

参考にしてみてください。

 

ソム・トーヤの冒険 記事一覧

 

公式メルマガでは、

ブログでは公開していない、

「登録者限定の情報」

を公開していくので、

 

興味があれば、

登録してみてくださいね^^

 

ソム・トーヤ公式メルマガ