シェアリングエコノミー

 

TOYAです。

 

「シェアリングエコノミー」

 

って知ってますか?

 

世界各国で急速に浸透している、

シェアリングエコノミーですが、

 

日本でも、

徐々に市場が拡大してきています。

 

今後、日本でも、

「1つの働き方」として、

注目されてくると思うので、

 

今回は、

シェアリングエコノミーについて、

お話していこうと思います。

 

シェアリングエコノミーとは?

シェアリングエコノミーとは

 

シェアリングエコノミーとは、

 

インターネットの普及によって、

可能になった特徴的なサービスの一つで、

 

インターネットを使い、

個人と個人の間で、

 

「モノ・スペース・スキル・時間」

 

などの、

あらゆる資産を共有し、

貸し借りするサービス。

 

・使用頻度の高くない車

・自宅や会社の余っているスペース

・目的地までの車の相乗り

・自分のスキルや時間を提供

 

などなど、

 

今までは、

注目されなかった「資産」を、

 

必要としている人に、

「シェア」する事で、

 

「新たな価値を生み出す」

 

と注目され、

日に日に広がりを見せています。

 

シェアリングエコノミーには、どんなサービスがあるの?

 

Airbnb(エアビーアンドビー)

 

使っていない部屋を、

有効に活用したい人と、

 

旅行者など、

宿泊先を探している人を、

結びつけるサービス。

 

「民泊」という言葉で、

一躍有名になりましたよね。

 

世界192カ国、

33,000の都市で、

80万以上の宿を提供しています。

 

UBER(ウーバー)

 

アメリカを始め、

世界の各都市で展開されている、

 

配車サービス「UBER」

 

一口で言えば、

 

「スマホでハイヤーを呼べるサービス」

 

支払いは、

前もって登録してある、

クレジットカード決済で、

車内で会計する必要なし。

 

事前にメールを送っておけば、

行き先を告げる必要すらない。

 

ココナラ(coconala)

 

自身が持つ、

「知識・スキル・経験」を、

売り買いできるという、

 

オンラインマーケット。

 

取り扱うジャンルも、

 

・似顔絵やイラスト

・ビジネス関係

・料理

・占い

・恋愛

・美容

 

などなど、

かなり幅が広いですね。

 

以前、

このブログでも取り上げた、

 

タイムバンク(Timebank)

【働き方が変わる?】タイムバンク(Timebank)という時間の取引所

 

ちょっと内容は違いますが、

「時間をシェアする」という面では、

共通する部分もあるかと思います。

 

このほかにも、

 

・カーシェアリング

・レンタルサイクルサービス

・駐車場レンタルサービス

・車の相乗りマッチングサービス

 

様々なサービスで、

シェアリングエコノミーが、

注目されています。

 

シェアリングエコノミーのメリット

シェアリングエコノミー メリット

 

使っていない資産を有効活用できる

 

「駐車場が1台分余っている」

「自宅や会社に使っていない部屋がある」

 

そういう、

「活用されていない資産」を、

 

有効に活用できるのが、

シェアリングエコノミーの特徴です。

 

その活用していない資産を、

必要としている人に貸し出す事で、

「利益」を得ることができます。

 

価格が安い

 

「新品は高くてお金がかかる」

「買っても保管しておく場所がない」

 

そういう悩みのある人にとって、

シェアリングエコノミーは、

とてもありがたいサービスですよ。

 

インターネットの普及によって、

お店を仲介することなく、

 

個人間で、

直接、やり取りすることで、

 

今まで個人と個人の間にいた、

「お店」への手数料がなくなり、

 

より安い価格で、

入手する事ができるうえに、

 

レンタルなので、

保管場所も確保する必要なし。

 

使いたいときに、

使いたい分だけ、

利用すればいいわけです。

 

資産を持っていない人は、

必要最低限の費用で、

レンタルする事ができて、

 

資産を持っている人は、

その資産を有効活用できる。

 

まさに、

「Win-Win」の関係なんです。

 

社会課題・地域課題に貢献できる

 

シェアリングエコノミーを、

上手く活用していく事で、

 

社会課題・地域課題に、

貢献する事もできます。

 

例えば、、、

 

カーシェアリング・相乗り

 

過疎地域の交通手段や、

災害時の渋滞緩和として、

機能する可能性がある。

 

知識・スキル・経験のシェア

 

様々な事情により、

既存の雇用形態での労働が難しい人が、

 

仕事を得られたり、

気軽に育児や家事の代行を依頼でき、

働きやすい環境を作り出したり、

 

そもそも、

「会社に属さない」という、

新しい働き方も生まれる。

 

宿泊場所の提供

 

災害時の緊急避難先や、

ボランティアスタッフが滞在する際、

費用負担を軽減できる。

 

宿泊+体験などの組み合わせで、

観光客を呼び込む起爆剤となる可能性も。

 

シェアリングエコノミーのデメリット

 

想定外のトラブル

 

シェアリングエコノミーは、

まだまだ発展途上のサービスのため、

 

想定外のトラブルが、

起こる可能性があります。

 

総務省のデータによると、

 

「シェアリングエコノミーを利用したくない理由」

 

として、

「トラブル対応に対する不安」

が、一番多いようですしね。

 

サービス提供者が、

「企業」ではなく「個人」

ですから、

 

提供する人によって、

サービスのクオリティに、

バラつきがあったり、

 

マナーの悪い利用者によって、

予期せぬトラブルに巻き込まれる。

 

なんて可能性もありますからね。

 

実際にあったトラブル例

仮想通貨 投資 トラブル

 

・部屋を貸し出したら荒らされた。

 

・UBERの運転手から暴行を受けた。

 

・洗濯物を、

 24時間以内に洗って返却する、

 というサービスを提供したら、

 

「猫」が入ってた。

(これ本当らしいです。笑)

 

 

こんな予期せぬトラブルが、

世界中で報告されています。

 

個人間での取引のため、

企業が提供するサービスのように、

 

「安心して利用できる環境」

 

は、まだまだ不足していますね。

 

ただ、

少しづつ環境整備は進んでいて、

 

質の低いサービスや、

マナーの悪い利用者を防ぐために、

「評価制度」を設けたり、

 

免許証、保険証などの、

公的な身分証明書を使った本人確認や、

 

顔写真の登録や、

クレジットカード情報の登録を、

必須とするサービスもあります。

 

他にも、

シェアリングエコノミーに対応した、

「保険」も提供され始めていて、

 

「損保ジャパン」

 

サービス提供者、

サービス利用者が負う賠償責任を、

総合的に補償する保険

 

「三井住友海上」

 

「民泊専用保険」という、

盗難・火災・破損などに備えた保険

 

などなど、

様々な取り組みが行われています。

 

「企業から個人へ」から「個人から個人へ」

 

シェアリングエコノミーは、

様々な問題も抱えていて、

 

まだまだ、

改善の余地があるとは思いますが、

 

個人が副収入を得るための、

「1つの手段」になったり、

 

日常の助けを必要としている高齢者が、

より低価格でサービスを受けられたり、

 

幅広い層にとって、

恩恵があるものだと思います。

 

最近は、

 

フリーランスや副業解禁、

パラレルワークにテレワーク、

 

多様な働き方を支援する制度が、

徐々に整備されてきていて、

 

【会社の給料だけで大丈夫?】パラレルワークという新しい働き方

 

個人の知識やスキルを、

気軽に提供できる場所も、

どんどん増えてきています。

 

本当に、

 

「好きな事を突き詰めていけば、

 何でも仕事になる時代がきてるなぁ」

 

と感じてます。

 

【好きなことは仕事にするな】好きなことで生きていくのは無理なのか?

 

今後も、

「個人の時代」への流れは、

加速していくと思いますし、

 

こうして、

働き方が多様化して、

 

人生の選択肢が増えるのは、

良い事だと僕は思っています。

 

人それぞれ、

価値観や求めるモノは、

違うわけですから、

 

無理して1つの働き方に、

こだわる必要はないわけです。

 

日本では、

「働く=会社員」という基準が、

今も根強く残っていますが、

 

もうその認識は、

時代遅れなのかもしれません。

 

働き方は、

大きく変わろうとしています。

 

個人で働くことが、

当たり前になる時代が来るのは、

 

思っているよりも、

ずっと早いのかもしれませんね。

 

シェアリングエコノミー、

 

サービスを提供する側でも、

サービスを利用する側でも、

 

一度試してみたら、

何か新しい閃きが、

あるかもしれませんよ^^

 

それでは、また次回!

 

P.S.

 

僕は、

会社員として働きながら、

ブログも運営し、

 

複数の収入源を構築した、

会社員ブロガーです。

 

その収入源である、

アフィリエイトや投資に関して、

 

僕の経験談や、

僕の人脈から得た情報を

 

このブログを通して、

たくさんシェアしています。

 

ソム・トーヤの冒険 記事一覧

 

LINE@の方では、

ブログでは公開していない、

「登録者限定の情報」

も公開しているので、

 

興味があれば、

登録してみてくださいね^^

 

友だち追加