ブロックチェーンとは

どうも、TOYA(トーヤ)です。

 

今回は、

”ブロックチェーン(Blockchain)”

について、お話していこうと思います。

 

「暗号通貨(仮想通貨)が革命を起こす!」

 

なんてよく言われていますが、

それは何故かと言うと、

 

「ブロックチェーンという素晴らしい技術があるから」

 

なんです。

 

この「ブロックチェーンの仕組み」なんですが、

完璧に理解するのは、正直かなり難しいです…。

 

まぁ、このブロックチェーンの仕組みは、

1から10まで完璧に理解しなくても、

ザックリ大枠を理解していれば十分なので、

重要な部分だけ、抜粋してお話していきますね。

 

世界が注目する、ブロックチェーン技術とは?

 

ブロックチェーンをわかりやすく言うと、

 

「ネットワーク上の取引記録」

 

になります。

 

さらに身近なもので例えると、

”銀行の通帳”みたいなものですね。

 

普通の銀行の通帳は、

銀行と預金者しか使えませんが、

 

ブロックチェーンの通帳は、

 

「誰でも」

 

使うことができます。

 

インターネットに繋がっていれば、

世界中どこからでも使えます。

 

これは”分散型台帳技術”、

”分散型ネットワーク”とも言われ、

ブロックチェーンが持つ、1つの特徴です。

 

銀行のような中央管理型のデータベースは、

1つのデータベースで管理を行いますが、

 

ブロックチェーンのような分散型のデータベースは、

同じデータを記録しているデータベースが、

複数存在しているものになります。

 

このシステムにより、1つのデータベースが壊れても、

他のデータベースで仕組みを支えることができます。

 

管理者がいない暗号通貨のようなものの場合、

1つのデータベースにまとめてしまうと、

それを改ざんされる可能性も出てくるため、

分散させて、相互チェック出来るようにしています。

 

要するに、

 

「みんなで共有して管理する」

 

という通帳なわけです。

 

ブロックチェーンとは

 

ブロックチェーン技術は、

 

「ビットコインの取引を記録するための技術」

 

として、生み出され、

ビットコインが2009年に誕生してから、

 

ビットコインを、

 

「どのアドレスから、どのアドレスに送った」

 

という取引記録を、全て記録しています。

 

この取引記録を1つのブロックにまとめて、

そのまとめた1つ1つのブロックを、

チェーン(鎖)のようにつなげて保存したものが、

 

「ブロック+チェーン(鎖)=ブロックチェーン」

 

ブロックチェーン

 

という事になります。

 

この1つ1つのブロックの取引記録を、

削除したり、改ざんしようとすると、

 

削除したり、改ざんしたブロック以降の、

全てのブロックを、作り直しすることになります。

 

この作り直すという作業は、

とてつもなく莫大な計算をしなくてはならず、

”ほぼ不可能”と言われています。

 

このブロックチェーン技術によって、

ビットコインの取引記録が、

削除、改ざんすることができないようになっているため、

 

「信頼できる取引記録」

 

が構築され、ビットコインの価値を高めています。

 

ビットコインの運用が開始されて以降、

改ざんなどの被害を受けることなく、取引が継続され、

その仕組みの信頼性は、世界中から注目されています。

 

ブロックチェーン改ざん不可能

 

先ほど、

”通帳を共有する”と言いましたが、

 

「ビットコインの所有者が、

 誰であるかを特定することは不可能」

 

で、個々に振り当てられる、

 

”ビットコインアドレス”

 

の持ち主として、

他の人と区別できるというだけになるので、

匿名性は確保されています。

 

このようにブロックチェーン技術が、

革命的な認証・証明システムとして認められ、

暗号通貨の評価も変わってきています。

 

さらに、通貨としての利用だけに留まらず、

世界中の様々な業界で開発が進められています。

 

ブロックチェーンの可能性は、

まだまだこれからで、可能性は無限大なんです。

 

ブロックチェーンの仕組みについて、

参考になる動画を、今回もシェアしておきますね。

 

 

さて、今回は、

ブロックチェーンの仕組みについて、

簡単にですが、お話してきました。

 

もっとブロックチェーンは奥が深い技術ですが、

今回お話した基本的なポイントを押さえておけば、

十分じゃないかと、僕は思います。

 

「自分で暗号通貨を作ってみたい!」

 

暗号通貨ブロックチェーン

 

なんて人にとっては、話が違ってきますが。笑

 

大抵の人はそうではないと思うので、

重要なポイントを、

しっかりと押さえておきましょうね。

 

次回からは、

ブロックチェーンとも関わりが深い、

 

「ビットコイン(Bitcoin)」

 

について、お話ししていこうと思います。

 

→ビットコインって何?簡単に説明してみた。

 

それでは、また次回!