TOYAです。

 

「ふるさと納税」ってやったことありますか?

「会社員の自分には、ふるさと納税なんて関係ない」と思ってませんか?

 

意外と知らない人も多いのですが、ふるさと納税は会社員でもできますし、大いにメリットがあるんですよ。

 

あとは、「ふるさと納税って聞いた事はあるけどやった事はない」って人も結構多い。

 

「納税」という言葉から「なんとなく難しそう…」というイメージが先行しているのかもしれませんが、全く難しくないですし、本当に簡単に利用できます。

 

ふるさと納税はとてもお得な制度なので、是非活用してみてください^^

 

ちなみに僕は、今年はHISのギフトカードなどをGETしてますよ。♪( ´▽`)

 

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄附ができる制度のことです。
手続きをすると、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。
多くの自治体では地域の名産品などのお礼の品も用意!
寄附金の「使い道」が指定でき、お礼の品もいただける魅力的な仕組みです。

引用:https://www.furusato-tax.jp/about

 

ふるさと納税は、あなたがお住いの地域以外の自治体に寄付ができる制度で、あなたの所得に応じた範囲で地方自治体に寄付をすることで、特産品などのお礼の品がもらえるという仕組み。

 

あなたの選んだ自治体に寄附を行うと、控除上限額内の2,000円を超える部分について税金が控除されるようになっています。

 

要するに、実質的に2000円の自己負担で、全国様々な地域の特産品がもらえるという非常にお得な制度なわけです。

 

寄付のお礼は特産品だけじゃなく、災害等で苦しんでいる地域への支援といった目的で利用することもできますし、「もっと子育てしやすい環境を整えてほしい」など寄付金の使い道を指定できたりもします。

 

とてもわかりやすい動画があるので、シェアしておきますね^^

 

 

どうでした?めちゃくちゃお得じゃないですか?

「納税」という言葉だけで難しいイメージを持ってしまい、実践しないのはもったいない制度です。

 

実際やってみると、本当に簡単ですから。笑

 

ふるさと納税のメリット・デメリット

 

ふるさと納税のメリット:税金が控除される

 

ふるさと納税で寄付したお金は「寄付金控除」という税額控除になり、2,000円は自己負担になりますが、2,000円を超えた分に対しては控除が適用されます。

 

年間10,000円のふるさと納税した場合、寄附金控除になるのは8,000円。

年間50,000円だったら、48,000円が控除対象になります。

 

ちなみに「控除上限額」は、人それぞれ異なるので注意してください。

 

こちらのサイトで調べることができますよ。

「ふるさと納税」還付・控除限度額計算シミュレーション

 

ふるさと納税のメリット:返礼品がもらえる

 

ふるさと納税は、実質2000円の自己負担で全国様々な地域の特産品がもらえて、残りの分は税金が戻ってくるか、翌年の税金が安くなるという非常にお得な制度です。

 

僕が今年ふるさと納税でGETした「HISギフトカード」を例に出すと、2,000円で5万円分の旅行券をGETしてるわけですよ。(しかも利用期限なし!)

 

その他にもたくさん魅力的な返礼品が用意されていますし、めちゃくちゃお得なので、ふるさと納税を使わない手はないですね^^

 

ふるさと納税のメリット:税金の使い道を決められる

 

ふるさと納税は、日本で唯一、税金の使い道を自分で決められる制度でもあります。

 

あなたの寄附金を自治体がどう使用するのか、その用途を選択することができるので、寄附金の使い道の観点から、寄附先の自治体を選ぶこともできちゃいます。

 

  • 地域活性化
  • 文化財保護
  • 動物保護
  • 災害支援

 

自分が応援したい事業や自治体に協力できる制度って良いですよね^^

 

ふるさと納税のデメリット:手続きが必要

 

税金の控除や還付を受けるには、若干の手続きが必要になります。

 

「ワンストップ特例制度」などの導入もあり、だいぶ簡素化はされてきましたが、それでも手続きは必要になるので、多少の労力がかかります。(本当に多少ですが…。笑)

 

ワンストップ特例制度は確定申告不要で税金控除が受けられる制度なので、会社員の人にはオススメですよ!

 

こちらの動画で詳しく解説しているので、参考にしてみてください^^

 

 

ふるさと納税のデメリット:自己負担2,000円がかかる

 

ふるさと納税は、自己負担額2,000円を超えた分に対して控除が適用されます

なので、どうしても「2,000円は自己負担」になってしまうわけです。

 

でも、それ以上の価値のあるものを2,000円でGETできるわけなので、僕はあまりデメリットには感じていませんが、「いや、2,000円出すのも惜しい」という人にはデメリットかもしれません。

 

ふるさと納税のやり方は?

 

上記でもお話ししたように、やり方はとても簡単です。

 

  1. 自分の寄付金上限を確認する
  2. お得な返礼品の目星をつける
  3. 寄付する
  4. 商品と寄附金受領証明書を受け取る
  5. ワンストップ特例サービスの封筒を送る or 確定申告する

 

流れとしてはこんな感じですね!

ネットショッピングに一手間加わったようなものです。笑

 

流れはこちらの動画を参考にしてみてください。

 

 

ふるさと納税サイトはたくさんあるので、色々と検索して、お好みの返礼品を探し当ててくださいね^^

 

ふるさと納税の注意点

 

最後にふるさと納税を利用する際の注意点を、ザックリと挙げておきます。

詳細まで説明すると恐ろしく長い記事になるので、該当する人は検索してみてください。

 

【ふるさと納税の注意点】
・税金控除を受けるためには、「確定申告」か「ワンストップ特例制度」の申請が必要。

・「確定申告」をすると、「ワンストップ特例制度」は無効になる。

・ふるさと納税と個人型確定拠出年金(iDeCo)を両方利用している人は寄付限度額が少なくなる。

・ふるさと納税は収入が確定する年末に申し込みが増え、品切れ率も高い

 

まぁ、会社員で資産運用をしていない人で、ワンストップ特例制度を利用するという人は、特に気にする点はないかと思います。

 

ということで今回は、ふるさと納税についてお話ししてきました。

実際やってみると本当に簡単でお得な制度なので、是非挑戦してみてくださいね!

 

こういった制度は賢く利用していきましょう!

 

それでは、また次回!

 

P.S.

 

資産運用や資産を作るためのお話しも、このブログの中でたくさんしているので参考にしてみてください。

 

【ソム・トーヤの冒険 記事一覧】

 

P.P.S.

 

メルマガではブログでは公開していない秘匿性、緊急性のある情報や、不定期でのメルマガ限定企画も開催しているので、興味があれば登録しておいてくださいね^^