TOYAです。

 

ICOの窓口のシークレットセミナーが、

緊急開催されたので、

どんなもんかと突撃してきました。

 

「ICOの窓口」緊急シークレットセミナー

 

結論から言えば、

参加して「大正解」でした^^

 

質の高いシークレットな情報が

手に入ったことはもちろん、

 

驚きの、

「シークレットセミナー参加特典」

まで付いてきましたからね。

(言えないのが残念…。)

 

今回のシークレットセミナーの、

メイン講師である山本有花氏に関しても、

色々と感じたことがありました。

 

当日の会場の様子と山本有花氏の評判

セミナー

 

ICOの窓口から、

かなり重要なセミナーになると、

連絡がきていたので、

会場は満席状態でした。

 

正確には数えてませんが、

50〜60人くらいでしたかね。

 

年齢層は40代以上が大半で、

20〜30代の方がポツポツという感じ。

 

セミナー会場前に、

ICOの窓口のスタッフの方がいて、

丁寧に案内してくれました。

 

問い合わせメールの

返信に関してもそうなんですけど、

ICOの窓口のスタッフの方って、

凄く対応が丁寧なんですよ。

 

山本有花氏も、

セミナーが始まる直前まで、

個別に挨拶してまわってましたし、

 

そういう細かいところにも、

気を遣っているのは、

「流石だなー」と感じました。

 

山本有花氏に関しては、

本来サービスに含まれていない事まで

サポートしたり、

 

塾生とランチ会して、

コミュニケーションをとっていて、

塾生から評判がいい。

 

という話は聞いていましたが、

実際にセミナー参加者への対応をみると、

たぶんそれは本当だと思います。

 

山本有花氏が、

以前、販売していた商材からの

リピーターも多いようでしたし、

 

(会話が聞こえちゃいました。笑)

 

その方が、

実際稼げているのかどうかまでは

さすがに聞けませんでしたが、

 

リピートするってことは、

それなりに満足はしているんでしょうね。

 

僕は元々、

山本有花氏に関して、

あまりいい印象は

もっていませんでしたが、

 

(前回の商材の煽り方が…。苦笑)

 

今回、実際の活動を見ていて、

イメージがだいぶ変わりました。

 

前回の商材の時は、

何らかの大人の事情が、

あったのかもしれませんね。苦笑

 

この業界で

表に出ている人たちの間では、

色々と面倒なしがらみが、

あったりするようですから…。

 

(僕にはない。笑)

 

中華圏最大のICOを手掛ける「裏ボス」が登場

会社 クビ

 

今回のセミナーでのみ公開された、

ICOを行う企業のCEOとCTOが登場し、

直接、質問する機会をいただけました。

 

ICOを実施する企業に、

直接質問ができる機会って、

なかなかないですよね?

 

様々な規制の可能性や、

今後のプランなど、

厳しい質問にも真摯に答えてくれて、

かなり貴重な時間でした。

 

詳しい内容は話せないんですが、

内容を聞いた限りでは、

激アツなICOになりそうです。

 

ちなみに、

そのCEOの見解によると、

 

様々な国でICO規制や、

仮想通貨に関しての規制が行われているが、

今後も「先進国」では規制が進むだろう。

 

ただ、「発展途上国」では、

規制は緩和の方向に動いていく。

 

何故なら、

「決済方法として求められているから」

 

そして、そのシステムを・・・

 

 

とのことでした。

 

これ以上言うと、

ちょっとネタバレしそうなので、

やめておきます。苦笑

 

とにかく、ICOの窓口が、

 

「最優先でスケジュールを空けてください!」

 

というだけあって、

面白い事になりそうな案件でした。

 

僕が知る限り、今回のICO案件は、

他では出まわっていない情報なので、

「独占案件」なんでしょうね。

 

本当にオイシイ情報は、

一部の人間の間でシェアされていて、

一般にはまわってこないという事を、

あたらめて再認識しました。

 

やっぱり情報と人脈は大切ですね。

 

もちろん、

その場でICOを販売するわけではなく、

一旦、自宅に持ち帰って、

しっかり考える時間もあります。

 

僕はこのICO案件に関しては、

投資する事は決めていますが、

 

どれだけの金額を投資するか、

色々と調べながら検討している段階です。

 

ICO投資は「情報が命」

 

どんな優秀な投資家でも、

どんな資産家でも、

 

そもそもの、

「情報源」を間違えれば失敗します。

 

逆に、

素人だろうと初心者だろうと、

情報源さえ間違えなければ、

莫大な資産が築ける。

 

これが、

「ICO投資の醍醐味」です。

 

未だに、ICO投資の事を、

 

「高確率で当たる宝くじ」

 

クオンタ 宝くじ

 

みたいに思っている人もいますが、

そんな時代はとっくに終わってます。

 

2017年は、

仮想通貨ブームという事もあり、

仮想通貨市場拡大の影響で、

簡単に勝てたかもしれません。

 

ただ、2018年に入ってからでは、

半数以上のICO(76%)で利益を出せず、

「ICO原価割れ」を起こしています。

 

もはや、

そこらに出回っているICOでは、

大きな利益は狙えないどころか、

 

勝てないんですよ。

 

ネットビジネス 挫折

 

これからICOで勝つには、

「人脈」と「情報」に加え、

より慎重な姿勢と詳細なリサーチが

必要になっています。

 

でも、一般の人では、

人脈も情報もないですし、

詳細なリサーチしてる時間なんて、

なかなかないじゃないですか。

 

だからこそ、

「人脈と情報をお金で買ってしまう」

という選択肢もアリだって事です。

 

ICOの窓口では、実際どういう情報が貰えるの?

 

ICOの窓口に参加すると、

実際どういう情報が貰えるのか、

気になる人も多いと思うので、

 

参考までに、

ICOの窓口から毎週送られてくる、

ICOレポートをシェアしておきます。

 

☆彡.:*・☆彡.:*・☆彡.:*・☆彡・☆彡

ICOレポート【ICOの窓口】

☆彡.:*・☆彡.:*・☆彡.:* ・☆彡・☆彡

 

こんにちは

 

ICOレポートを担当いたします

釈迦堂鈴(しゃかどうりん)です。

 

このICOレポートでは、

旬のICO情報やICO窓口の

“仮想通貨マスター”や

“仮想通貨四天王”から小耳に挟んだ話などをご紹介いたします。

 

よろしくお願いいたします。

 

□*■*□*■*□*■*□*■*□

取引所が発行するICO

□*■*□*■*□*■*□*■*□

 

毎月、何百とICOが生まれてくるといわれていますが

その中で、手堅いと思うのは、仮想通貨取引所が実施するICOです。

 

取引所が実施するICOは最も人気化しやすいICOのひとつだといわれています。

 

その理由は?

最大の理由は、ICO後の上場が確定していることです。

なんといっても仮想通貨取引所が実施するわけですから

上場の確実性が非常に高いです。

 

また、取引所は上昇した後もマーケットメイクをしっかりと実施することから

上場直後の一時的な価格の上昇だけではなく、長期にわたって上昇が期待されるという安心感があります。

 

そして、取引所発行トークンは、

そのトークン利用により

売買手数料ディスカウントなど具体的な価値が直ぐに目に見える形で分かることも

投資家にとって安心かつ期待感が持てる理由です。

 

それでは具体的に仮想通貨取引所が実施するICO案件はあるのか?

まだ具体的に発表になっていませんが、近々・・・ という話を聞いています。

発表になりましたら、すぐにこのICOレポートでお知らせしたいと思います。

 

◇◆◇

仮想通貨マスターに聞いてみた

◇◆◇

 

取引所が実施するICOについてどう思うかを「ICOの窓口」の 仮想通貨マスターである山本有花氏に質問してみました。

 

「いいんじゃないですか。

仮想通貨取引所だったら、最も仮想通貨のことを熟知しているわけですから。

それに、どうすればICOが上場して上場後も長続きするかなどのノウハウもバッチリわかっているでしょうから。

投機的な対象というよりは投資対象として購入したいと思うICOです。

技術力も期待できますし、こういうのが“手堅い”というものだと思います。

早く、そういうのが出てきて欲しいです。」

 

□*■*□*■*□*■*□*■*□

プロの意見を聞きましょう

□*■*□*■*□*■*□*■*□

 

今年は、さまざまなICOの情報を耳にすることになると思われます。

その際、やってはいけないことは、 “ICOの情報入手=即購入”です。

 

多くの仮想通貨投資家は、ICOの情報をネットで見たり、 セミナーに参加して話を聞いたりすることで、 すぐICO購入となってしまうようです。

 

購入する場合は、ホワイトペーパーを何度も読み、

相談できるプロ(専門家)の意見を聞くことが大切です。

 

ICOだけでなく、暗号通貨に関する全般的なリテラシーも

初心者にもわかりやすく解説させていただきます。

 

 

こういうメールを、

毎週送ってくれますし、

この他にも、

 

  • ICO案件についてのレビュー
  • ホワイトペーパーのレビュー
  • 相場分析
  • 会員からの質問に対するQ&A

 

などの情報も貰えます。

 

問い合わせに関しても、

「基本的には即日返信を心掛けている」

との事でした。

 

僕も確認のため、

実際に何度かメールしてみましたが、

早くて即日、遅くとも1日後には、

ちゃんと返信がきます。

 

 

この他に、

ICOや仮想通貨に関しての知識を

一通り身につけられる、

会員サイトが用意されていたり、

 

 

取引所や開発元企業のCEO、

暗号通貨の専門家をゲストに招いた、

シークレットセミナーも開催されます。

 

 

これで、

「1年間の会費」が「5万円」です。

 

他の似たようなコミュニティでは、

数万円の参加費を払ったあとに、

数十万、数百万のオファーが来ますが、笑

 

ICOの窓口では、

ICOに投資する資金以外に、

一切、追加で支払う事はありません。

 

シークレットセミナーにも、

「無料」で参加できます。

 

これは、

山本有花氏に直接聞いた話ですが、

 

そもそも、参加費の5万円ですら、

山本有花氏の懐には入らないそうです。

 

まず、ICOの窓口は、

山本有花氏が表立って活動はしてますが、

山本有花氏のコミュニティではなく、

大元の方は別に存在します。

 

それが以前、

ICOの窓口の記事お話しした、

 

日本に入ってくるICO案件の、

限られた数本のルートのうちの1つを、

牛耳っている人物です。

 

 

この方が関わっているという情報を掴み、

僕はICOの窓口に参加を決めました。

 

ICOの窓口には、

 

投資する価値がある優良なICO案件か?

あるいはリスクの高いICO案件か?

 

これらを分ける、

計24項目の明確な審査基準があって、

 

仮想通貨だけでなく、

各分野の投資に精通したプロフェッショナルが

適正にICO案件をジャッジしているんですが、

 

山本有花氏は、

そのプロフェッショナルの1人です。

 

なので、山本有花氏を始め、

ICOの窓口のメンバーは、

「ほぼボランティア」だそうで、

 

参加費の5万円は、

セミナーを開催するための場所代や、

 

ゲストを呼ぶための、

講演料や宿泊費に使うために

いただいているもので、

 

ICOの窓口では、

 

  • ICO投資でみんなで勝つ
  • ICOをきっかけに真の自立した投資家になる

 

この2点しか考えていないとの事。

 

ICOの窓口で稼ぐ人が増えれば、

ICOの窓口メンバーの評判も上がりますし、

 

他にも、

何らかのメリットはあると思いますが、

 

少なくともICOの窓口の参加費は、

こういう用途に使われてるという事は、

知っておいてほうがいいと思い、

シェアしておきました。

 

という事で、

ICOの窓口シークレットセミナーに

急遽参加してきましたが、

色々と収穫の多いセミナーでした。

 

参加して大正解です^^

 

今回は言えない情報が多かったですが、

また情報を出せる段階になったら、

追加でシェアしていきますね!

 

ICOの窓口に興味のある人は、

こちらの記事で詳しく書いているので、

読んでみてください。

 

【ICOの窓口は稼げるのか?】参加して経過報告する人柱記事はこちら!

 

めちゃくちゃお得な、

ありえない特典も付けているので、

お早めにどうぞ^^

 

P.S.

 

ICOの窓口に参加して、

シークレットセミナーが開催されたら、

絶対に参加する事をオススメします。

 

内容は言えませんが、

シークレットセミナー参加者特典が、

とんでもないです。笑

 

僕はこの特典だけで、

参加費の元は取れましたね^^

 

次回も同じ特典が

提供されるのかはわかりませんが、

 

もし、次回も同じ特典だとしたら、

ゴリゴリにICOの窓口を推します。笑

 

P.P.S.

 

CEOとCTOと一緒に、

「超美人」も登場したので、

最初はどこかのセミナーみたいに、

 

モデルとか芸能人を、

連れてきたのかと思ったら、

通訳の方でした。笑

 

P.P.P.S

 

近々、

メルマガを開始します!

 

ブログやLINE@とは違う、

メルマガ登録者限定の情報や、

お得な情報も公開していくので、

 

興味があれば、

登録しておいてくださいね^^

 

ソム・トーヤ公式メルマガ