TOYAです。

 

突然ですが、、、

 

あなたは働きたいですか? 働きたくないですか?

 

おそらく「できれば働きたくない」という人が多いんじゃないかと思います。

 

”そんなあなたにこそ” 知っておいてもらいたい「お金の仕組み」について、今回はシェアしていこうと思います。

 

「労働収入」と「権利収入」

 

今回お話するのは、「労働収入」と「権利収入」についてです。

「働きたくない」という人は、この仕組みの違いを必ず理解しておいてください。

 

まずは、こちらの動画をどうぞ。

 

 

どうでしたか?

労働収入と権利収入の違いが、何となくわかってもらえたと思います。

 

実はこの動画は、「パブロとブルーノの物語」という労働収入と権利収入についてわかりやすく解説している有名なお話なんです。

 

とてもわかりやすい動画なので、MLM(マルチレベルマーケティング)などでもよく使われているようで、「パブロとブルーノ」で検索すると「勧誘」というキーワードが必ず出てきます。笑

 

ですが、別にこの動画が怪しいわけではないので、勘違いしないでくださいね。笑

 

この労働収入と権利収入の違いを理解していれば、もし今後あなたが副業を始めようと思った時に、労働収入型の仕事を選ぶべきか、権利収入型の仕事を選ぶべきか、選択しやすくなると思います。

 

そして、もし権利収入型の仕事を選択した場合、多くの人が挫折する初期段階での様々な作業や、成果が出るまでの無報酬の期間も乗り越えられると思いますよ。

 

パブロとブルーノの物語

 

あなたはパブロとブルーノの物語を聞いて、何を感じましたか?

実は、パブロとブルーノがそれぞれ選んだ道は、「現代の働き方」を示しているんです。

 

まず、ブルーノが選んだ道。

これは「労働収入」と言われるものです。

 

労働収入とは、あなたの時間と労力を費やして行った仕事の分だけ報酬を受け取るという仕組みです。

サラリーマンなど、働いている人の95%は労働収入と言われています。

 

 

労働収入のメリットは、すぐに収入に繋がるところ

 

働けば働くほど収入は増えていくので、お金をより多く稼ぐためには、朝も昼も夜も自分の時間と労力を提供して働けばいいわけです。

 

逆に労働収入のデメリットは、1日は24時間しかないので限界があるという事、病気や怪我、リストラ、会社の倒産などの予想外のトラブルがあった時に、収入が止まってしまう事が考えられます。

 

次にパブロが選んだ道。

これは「権利収入」と言われるものです。

 

権利収入とは、マンション経営や、駐車場経営、作家、歌手など、過去の成果や努力、貢献などに対して報酬をもらう仕組みです。

 

 

「不労所得」と言われるように、一度仕組みを作ってしまえば、時間と労力をかけなくても、お金が入ってきます。

 

これが「権利収入」の最大のメリットです。

 

ただ、その仕組みを作るのに時間と労力がかかるというデメリットもあります。

成果に対して発生する報酬なので、仕組みを作るための労働はもちろん無報酬です。

 

このように、お金を稼ぐには2つの道があって、それぞれメリット・デメリットがあるわけです。

 

人それぞれ向き不向きや好き嫌いがあるので、どちらが良いとか正しいとかは言うつもりはないですが、もしあなたが、「お金もたくさん欲しいけど、自由な時間も欲しい」というのであれば、選ぶべきなのは「パブロの道」です。

 

何故かというと、ブルーノの道は「労働ありき」の収入だからです。

 

働けば働くほど収入は増えますし、すぐに収入アップに繋がりますが、それだけ時間と労力も使うことになるので、プライペートの時間はなくなりますし、体調を崩すリスクも高まります。

 

もし何らかのトラブルで労働ができなくなれば、収入は一気に途絶えてしまいます。

なので、「ブルーノ=労働収入」では労働から逃れる事はできないわけです。

 

ネットビジネス 挫折

 

一方パブロは、周囲の人間に馬鹿にされながらも、必死に水路を作り続けます。

 

パブロが選んだ「水路を作る」という道も、最初は労働が必要になりますし、さらには水路が完成するまで無報酬です。

 

そのため、「労働収入」と「権利収入」を意識していない人にとっては、「何してんだあいつ?」みたいにバカにされたりすることがあるんです。

 

物語の中でも、パブロは笑われてバカにされてますよね。

 

ただ、水路を一度完成させてしまえば、パブロが水を運ばなくても、水路が山奥の泉から自動で水を運んできてくれるので、パブロは寝ていようが、遊びに行っていようが、何もしなくてもお金を手にする事が出来るようになります。

 

パブロの選んだ道も最初は労働が必要ですが、「将来的に労働から解放される仕組み」を作り上げることができるわけです。

 

 

だからこそ、「お金もたくさん欲しいけど、自由な時間も欲しい」というのであれば、選ぶべきなのは「パブロの道」なんです。

 

パブロはこの「お金の仕組み」を理解しているからこそ、周囲に何を言われても、ブレずに水路を完成させることができたわけですね。

 

ローリスクで権利収入を得るなら「ブログアフィリエイト」

 

上記でもお話したように、権利収入を得るための方法は、マンション経営、駐車場経営、作家、歌手などなど色々あります。

 

その中でも、一番ローリスクで手軽に始められる方法が「ブログアフィリエイト」です。

 

実はアフィリエイトって、「パブロの道」に非常に似ています。

 

アフィリエイトには、初期段階では様々な作業があり、さらに成果が出始めるまでに時間がかかるという特徴がありますが、一度お金を生み出す仕組みを作り上げてしまえば、全くの不労所得とまではいきませんが、たまに記事を書いたりするだけで、ほぼ同じような状態を作り上げる事が出来ます。

 

 

これって、パブロが水路を作ったのと同じ仕組みです。

 

しかもアフィリエイトは、初期費用も数千円程度で、ネット環境とパソコンさえあれば誰でもすぐに始めることができますし、時間と場所の制約もありません。

 

他の権利収入ビジネスよりも圧倒的に敷居が低いんですよ。

 

資金が豊富にある人は不動産とか投資系、ずば抜けた才能のある人は作家や歌手などの選択肢もありますが、その条件を満たせる人って多くないですよね。

 

凡人が権利収入を得るために、最も現実的な選択肢が「ブログアフィリエイト」なんですよ。

 

収入も労働時間に比例しているわけではないですし、ライティングやマーケティングを学んで知識とスキルを磨いていけば、収入は青天井です。

 

この「収入が労働時間と比例しない」という仕組みを、労働収入で実現するのって難しいんですよね。

 

会社に勤めていれば規約通りに働かなくてはいけませんし、収入を増やすには時間と労力を提供しなければなりませんから。

 

だからこそ労働収入では、お金と自由な時間の両方を手にする事って難しいんですよ。

 

あっ、勘違いしてほしくないので一応言っておきますが、僕は労働収入を否定しているわけではありません。

 

多くのサラリーマンの仕事によって世の中は成り立っていますし、その仕事や生活に満足していて、幸せな人生を送れているのであれば、それは素晴らしいことだと思います。

 

不満のない人生なのであれば、無理に変える必要もないです。

 

ただ、もしあなたが、やりたくもない仕事を毎日遅くまでこなし、ストレスを抱え、人生に不満や疑問を感じていて、「人生を変えたい」「自由を手に入れたい」と思っているのであれば、「パブロの道」を選んでください。

 

「時間をお金に変える」のではなく「あなたがいなくてもお金を生む仕組みを作る」ことを意識してみてください。

 

ブログアフィリエイトは楽な道のりではないですが、パブロのように目標を持ち、正しい方法で継続していけば、必ず結果は付いてきます。

 

そして、ブログアフィリエイトを通して、商売の原理原則を身につけてしまえば、一生使えるスキルになりますからね。

 

もしアフィリエイトに興味があれば、このブログの中でたくさんお話ししているので、チェックしてみてください。

 

 

今回は「労働収入」と「権利収入」についてお話ししてきましたが、「働きたくない」って人は、今回の話を意識して行動してみてくださいね!

 

それでは、また次回!

 

P.S.

 

ブログアフィリエイトにも色々と手法がありますが、できる限り少ない労力で、早く成果を出したいのであれば、こちらの企画がオススメです。

 

 

P.P.S.

 

メルマガではブログでは公開していない秘匿性、緊急性のある情報や、不定期でのメルマガ限定企画も開催しているので、興味があれば登録しておいてくださいね^^