TOYAです。

 

「有料 note(ノート)」

 

仮想通貨市場が伸び悩む中、

今、最も注目を集めている稼ぎ方です。

 

プロブロガーの方々や、

仮想通貨市場のインフルエンサー達が、

次々と「有料note」を販売し、

 

 

その売り上げが話題になり、

「有料noteがアツい!」

と、軽くブームになっています。

 

noteは知っておいて損はない、

とても面白いサービスなので、

今回シェアしておこうと思います^^

 

noteとは?何ができる?

引用元:https://note.mu/info/n/nea1b96233fbf

 

noteは、個人のクリエイターが、

文章、写真、イラスト、音楽、映像などを、

気軽に投稿することができ、

 

 

投稿した作品を、

無料で公開するだけでなく、

「有料化」して、

販売することもできるサービス。

 

例えば、ブロガーなら、

自分の書いた記事に値段をつけて、

購入者限定で公開したり、

 

趣味で写真を撮ったり、

イラストを書いたり、

音楽を制作している人なども、

 

それを有料コンテンツとして、

気軽に販売することも、

できちゃうわけですね。_φ( ̄ー ̄ )

 

また、フォローやコメント、

「スキボタン」などのSNS機能もあり、

 

 

ファンとのコミュニケーションも、

取りやすくなっています。

 

noteでどうやって稼ぐの?

 

コンテンツを有料で販売するときは、

「税込み100円〜10,000円」で、

好きな価格を設定する事ができます。

 

こんな感じですね。

 

引用元:https://note.mu/ancha0408

 

この記事(250円)は、

一部は無料で読めますが、

途中まで読み進めると、、、

 

引用元:https://note.mu/ancha0408/n/n86d36c19df8b

 

続きを読むには、

記事を購入しない限り、

読めないようになっていて、

 

250円支払い購入することで、

全文を読む事ができます。

 

この販売価格は、

後から変更する事もできるので、

 

「先着何名までは○○円!その後値上げします!」

「通常○○円をタイムセールで○○円に値下げ!」

 

みたいな販売方法も可能。

 

また、

「クリエイターサポート機能」

というサービスもあり、

 

 

「良い記事だった!」

「頑張って欲しい!」

「この人を応援したい!」

 

と思った人に対して、

【100円、500円、自由金額】

いずれかの金額を選択して、

 

「投げ銭」的な感覚で、

気軽に応援できるサービスもあります。

 

まだ無名の画家さんとか、

ブロガーとかミュージシャンとか、

 

あなたがお気に入りの方を、

気軽に応援できる仕組みは、

面白いですよね^^

 

※ちなみに、

 ブロガーのあんちゃさんは、

 すでに有名人です。笑

 

noteがなぜ話題に?

 

note自体は、

もう何年も前からあるサービスで、

 

以前にも、

ブームになった事があるんですが、

 

最近、

「noteの再ブーム」が訪れています。

 

その再ブームの1つのキッカケが、

 

「仮想通貨市場での有料noteの販売」

 

仮想通貨市場で、

インフルエンサーと呼ばれる人たちが、

 

自身のトレード手法や、

ブログ運営方法などの、

有料noteの販売を始めて、

 

その売り上げが、

かなりの金額になっている事で、

大きな注目を集め、

 

後に続く人が続出しています。

 

 

 

有料noteの販売に関しては、

賛否両論、様々な意見がありますが、

 

トレード、アフィリエイトに続く、

「新しいマネタイズの方法」として、

今後も広がっていくと思います。

 

noteのメリット

好きなことで生きていく

 

noteのシステムは、

 

「誰でも気軽に、

 自分のコンテンツを商品化し、

 販売するチャンスがある」

 

というのが良いなと思います。

 

自分の知識や経験、趣味の延長が、

noteを使えば立派な商品になります。

 

まさにnoteは、

「好きを仕事にできるプラットフォーム」

なんです。

 

有料での販売を通して、

自分の知識や経験が、

どれくらいの価値を持っているのか、

客観的に知る事もできますし、

 

有料noteを購入する側も、

「読みたい記事にだけお金を払う」

という事ができるのは、

とても合理的だと思います。

 

価格もお手頃なものが多いですし、

手に取りやすいですからね。

 

noteのデメリット

 

noteは、

とても面白いサービスだと思いますが、

 

noteで稼ぐ事ができている人は、

既に影響力を持っている、

「インフルエンサー」がほとんど。

 

いきなりnoteを始めて、

有料のコンテンツを作ったとしても、

 

実力がなければ、

売れないし、儲からない。

 

これが現実です。

 

コンテンツが凄く良いもので、

運良くインフルエンサーの目に止まり、

拡散でもされれば、

 

一気に売り上げが爆発する可能性も、

無くはないですが、

 

現状では、

noteで有料コンテンツを販売して、

成功させるには、

 

すでに知名度があるか、

他に確固たる集客チャンネルを、

持っておく必要があります。

 

有料noteを購入する側の

デメリットとしては、

 

「買ってみるまで内容が分からない」

 

という事があります。

 

有料noteは、

それほど高額ではないものが多いですが、

 

値段に見合わないような、

内容がスッカスカの商品もあるので、

 

その辺りの判断能力も、

身につけていく必要はありますね。

 

noteとは、どう付き合っていくべきか?

 

noteは、自分の知識や経験を、

気軽に商品化できますし、

 

マネタイズの1つの方法としては、

とても面白いと思います。

 

ただ、

「note1本でやっていくのは厳しいかな」

と、僕は思います。

 

noteのデメリットでも触れましたが、

どんなに良いコンテンツでも、

人が集まらないと意味がありません。

 

すでに多くのファンがいたり、

影響力を持つインフルエンサーなら、

 

noteだけでも、

それなりに利益は出せるでしょうが、

 

そうでない場合、

それなりに利益を上げていくためには、

「集客」が必要不可欠です。

 

例えば、

ブログやSNSで情報発信して、

そこでファンを獲得し、

 

「この話はnoteで限定公開します」

 

みたいな感じで、

サブ的にnoteを使っていくとか。

 

noteは機能がシンプルなので、

他者との差別化もしにくいですし、

 

noteのみで、

ファンを獲得していくのって、

難しいんですよ。

 

noteの利用者も、

まだそれほど多くないですしね。

 

なので、

「いきなりnote」もいいですが、

(いきなりステーキ風。笑)

 

僕は、

ブログやSNSなどで情報発信して、

多くのファンを獲得してから、

 

1つのマネタイズ方法として、

noteを活用していくという使い方が、

現状ではベストかなと思います。

 

ただ、

 

「自分のコンテンツを作って販売する」

 

というのは、

結果的に売れても売れなくても、

とても良い経験になると思いますし、

必ず得るものはあると思います。

 

挑戦を続けて、

少しずつ改善していけば、

「売れるコンテンツ」が、

育つかもしれないですしね。

 

noteに限らず、

始めの一歩を踏み出さない人は、

何の成果も得られないので、

いつまで経っても成長しません。

 

もし売れなくても、

費用が掛かっているわけでもないし、

何のリスクもないわけですし、

 

少しでも稼げれば、

それが成功体験となって

自信にも繋がりますし、

モチベーションも上がるので、

 

興味があれば、

思い切って挑戦してみるのも、

アリだと思いますよ!

 

それでは、また次回!

 

P.S.

 

僕は有料記事は書いてませんが、

情報を買う側で、

noteはよく利用してます。

 

良い情報が、

安く手に入ったりするので^^

 

僕みたいなブロガーは、

「情報が命」ですからね。

 

自分の成長への投資は、

全く惜しみません。

 

自分が成長することで、

ブログ読者さんにも、

有益な情報を提供できますしね。

 

P.P.S.

 

ブログやSNSの運営を、

本気でしっかり学ぶつもりがあるなら、

この企画がオススメです。

 

【実践記】大西良幸氏の仮面ブロガーズ(MBP)で「好きを仕事にしてみた」

 

P.P.P.S

 

僕の収入の柱である、

アフィリエイトや投資に関して、

 

僕の経験談や、

僕の人脈から得た情報を、

 

このブログを通して、

たくさんシェアしているので、

参考にしてみてください。

 

ソム・トーヤの冒険 記事一覧

 

公式メルマガでは、

ブログでは公開していない、

「登録者限定の情報」

を公開していくので、

 

興味があれば、

登録してみてくださいね^^

 

ソム・トーヤ公式メルマガ