TOYAです。

 

毎年話題になる福袋転売ヤー」ですが、今年も色々とあったようですね。苦笑

 

今回は「福袋転売は本当に稼げるのか」「オススメの稼ぎ方なのか」についてお話ししていこうと思います。

 

福袋転売とは?

 

福袋転売とは文字通り「福袋を転売して稼ぐ」というシンプルなノウハウです。

 

1万円程度で売られている人気の高い福袋を転売目的で購入して、1万円よりも高い値段でメルカリなどのフリマサイトで売るわけです。

 

※メルカリについてはこちらで解説してます。

 

特に難しいこともないので、誰でもできます。

本当に”やるかやらないか”レベルのものです。

 

最近は「福袋転売は儲かるらしい」という話もメジャーになってきましたし、検索すると人気の福袋もすぐわかりますからね。

 

こんな感じで表示されるので、興味があれば試してみてください。

 

 

 

福袋転売って儲かるの?

 

儲かるか儲からないかでいうと、まぁそこそこ儲かりますね。

メリカリなどのフリマサイトをみてもらえればわかると思いますが、バンバン売れてます。

 

例えばこれ。

 

画像元:メルカリ

 

人気ダンスボーカルユニット、EXILEの福袋。

毎年完売する人気の福袋で、価格は1万円ですが、中身は35,000円〜40,000円相当のアイテムが入ってるそうです。

 

そして、こちらも毎年大人気のスタバの福袋。

スタバの福袋といえば、「買い占め問題」で炎上して話題にもなりましたよね。笑

 

画像元:メルカリ

 

ちなみにスタバの福袋は6,000円ですが、こちらは「バラ売り」している方が多い印象ですね。

 

福袋を購入して未開封のまま袋ごと売り出す人もいれば、中の商品をバラ売りする人もいて、バラ売りした方が個々の価格に上乗せできるので、利益が大きくなる傾向があります。

 

上の2つの画像をみてもらえばわかると思いますが、福袋1つの利益はそれほど大きいものではないです。

 

ただ、、、これを大量に購入すれば、その分利益は大きくなりますよね?

 

需要があって利益がでることがわかっているので、手堅いといえば手堅い商売です。

だからこそ毎年朝早くから並んだり、アルバイトを雇ってでも大量買いしにくるわけですから。

 

ここまでの話を聞いて、

 

「よーし、いっちょやったるで!!」

 

と思ったあなた、一旦落ち着きましょう。笑

 

確かに特に難しいこともなく、やるかやらないかレベルではあるんですが、実は僕はあまり福袋転売はおすすめしてません。

 

その理由を今からお話ししていきます。

 

福袋転売ヤーをおすすめしない理由

 

資金と時間が必要なうえに、ライバルが多く飽和状態

 

福袋は需要のある手堅い商売ではあるんですが、大量に買うにはそれだけの「資金」と、確実に購入するために前日から並ぶだけの「時間」が必要になります。

 

最近では海外からも福袋を大量に仕入れに来る人も増えているので、かなり早くから並ばないと買えない状況になってきてます。

 

 

この買い方、ヤバいですよね。苦笑

 

福袋は安いものは1万円以下でも買えますが、高いものでは10万円以上するのものもあります。

高額の商品は大きな利益も出しやすいですが、その分売れ残った時の赤字リスクも大きくなります。

 

福袋を転売目的で購入する人は増えていますし、いくら需要のある福袋でも全部売れる保証はないですからね。

 

 

ライバルが多くなったことで、想定していた価格で売れずに赤字になる人も出てきているので、これから参入を考えているのであれば、しっかり需要と供給をリサーチして仕入れないと厳しいでしょうね。

 

イメージが最悪。嫌われ方がハンパじゃないw

 

僕が福袋転売をオススメしない最大の理由がこれです。苦笑

 

とにかくイメージが悪い

 

これは福袋に限った話ではなくコンサートのチケットなどもそうですが、限られた商品を買い占めて価格をつり上げる販売方法は、合理的ではありますが間違いなく嫌われます。

 

 

 

 

少し前にもニンテンドースイッチが転売ヤーの買い占めによって手に入らないなんて問題がありましたよね。

 

「安く買って高く売る」は商売の基本ですし、高くても並ばずに買いたい人もいるので、転売自体を否定するつもりはありませんが、僕は多くの子供にこんな顔させてまで儲けたいとは思えないんですよね…。

 

「ニンテンドースイッチが買えないだと!?なんでや!?」

 

それに、子供を喜ばせようと忙しい中頑張って並んだ親御さん達に、こんな目で見られた日には…。

 

「あら、転売ヤーさんね。」

 

「ちょっと、まだ買う気なの!?」

 

とても忍びない気持ちになります…。苦笑

 

誰かが大量に買い占めなければ定価で買えていたはずものが、需要を見越した人間に転売目的で大量に買われることで品薄になり、価格が高騰する。

 

これって売る側の転売ヤーさん達は利益が出ますけど、買う側にとっては定価がわかっているので、単純に気分が悪いじゃないですか。

 

「本当はこの価格で買えたのに…」みたいな。

こうした販売方法って、Win-Winのビジネスじゃないんですよ。

 

感謝されないビジネスは長続きしない

 

どちらか片方しか得をしないビジネスは、長続きしません。

 

実際、福袋転売や品薄にして価格をつり上げるような転売には、需要が増す時期には在庫を大量に確保したりするなど、様々な企業が対策を打つようになってきています。

 

 

 

世間の声の後押しもあり、これからもどんどん転売ヤー対策が進んでいくことは間違いないです。

 

そんな中でも利益を出す人はもちろんいますし、「誰に何を言われようが気にしない」って人もいるので、どうしてもやってみたいのであれば止めはしませんが、転売にも色々とジャンルがあるので、僕は「わざわざ今から厳しい環境に飛び込まなくても…」とは思います。苦笑

 

そもそもAIがどんどん普及していくことで、ほとんどの転売は厳しくなることが予想されてますからね。

 

AIと転売の関係性についてはこちらの記事でお話ししてます。

 

 

上の記事でも書いたように、これから転売で生き残っていくには、隠れた需要を見出して、価値を知らない人が明らかに安い価格で売りに出しているものを仕入れて、適正な市場価格で販売していくような知識がないと厳しいと思います。

 

逆にそういった知識があれば、転売はかなり稼ぎやすい市場ではあるんですけどね。

 

ちょっと思考を変えるだけで、同じ転売でも、購入者にも喜んでもらえて利益も出るというWin-Winなビジネスに変えることができるんですよ。

 

僕も転売をやっていますが、こんな感じでめちゃくちゃ喜ばれてます。

 

 

しっかり価値の提供をしていれば、ここまで印象は変わってくるわけです。

 

なので、転売に興味があるのであれば、売る側だけが得をするような転売ではなく、お互いにとってメリットのあるWin-Winな転売をしていくことをオススメします。

 

「じゃあ、Win-Winな転売って何よ?」

 

って話になると思いますが、長くなるのでそれはまた今度にしようと思います。笑

 

とりあえず、新年明けましておめでとうございます!(挨拶遅い。笑)

それでは、また次回!

 

P.S.

 

僕のやっている転売については、こちらの記事でも触れてます。

 

 

P.P.S.

 

私事ですが、昨年末に元気な男の子を授かりました。

 

僕は正直そこまで「子供好き」ってタイプではなかったんですが、いざ産まれてみると、我が子が可愛くてしょうがないです。笑

 

我が子に尊敬されるダディになれるよう、これからもどんどん新しい事に挑戦して日々成長しながら、読者の皆さんにとって有益な情報を発信していきますね^^

 

P.P.P.S

 

メルマガではブログでは公開していない秘匿性、緊急性のある情報や、不定期でのメルマガ限定企画も開催しています。

 

お得な情報や限定情報に興味があれば登録しておいてくださいね^^

 

【公式メルマガ】